Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

出版・本屋さん

出版業界消えたもの列伝

本の雑誌 2019年3月号の特集が 出版業界消えたもの列伝 。 (編集) 版下、写研のフォント、ワープロ、原稿校正、灰皿、 作家の飲み会、文壇バー、飲み屋での喧嘩、取材旅行・・・ (書店) スリップ仕分け、日本書籍総目録、便利な文庫の総目録・・・ (本…

文喫 本と出会うための本屋

「入場料1,500円の本屋がオープン!」というニュースが新聞、ネットを賑わす。(騒いでるのは出版関係者だけかな・・・) 賛否はあるかもしれないけど新たなビジネスモデルになればいいね。 今後の動向に注目です。 行ってみたいな〜 文喫 本と出会うための…

TSUTAYA BOOKSTORE 八王子

八王子駅南口の商業施設「八王子OPA」にTSUTAYA BOOK. STORE がオープンした。 いよいよ八王子にも代官山、銀座、二子玉川、T-SITEのような生活提案型の蔦屋書店が誕生か! とかなり期待して行ってみた。 残念ながら、通常パターンのTSUTAYAだった。八王子で…

本屋は挑戦する

雑誌「東京人」12月号。特集は、「本屋は挑戦する。小さな本屋から老舗まで」 最近話題の書店、テーマ、登場人物はほぼ網羅しているので参考になる。 座談会:東京書店クロニクル(永江朗、田口久美子、石橋毅史)では、懐かしさと厳しい現実が入り混じる。 …

吉祥寺PBCと春子ブックセンター

宮藤官九郎「春子ブックセンター」と吉祥寺パルコブックセンターとの間には、何ら関係性がないのは周知の事実・・・。 吉祥寺パルコブックセンター(PBC)は、物心ついて初めて「インスパイアされた本屋さん」。残念ながら7月29日(日)をもって閉店となる。…

これからの本屋読本

内村晋太郎さんの新刊「これからの本屋読本」(NHK出版)には、いい意味で非常に考えさせられた。 「かせぎ」と「つとめ」・・・なるほど。そういう考え方もあるのか・・・ちょっと目からウロコが落ちる。 6月17日には、下北沢・本屋B&Bで刊行記念イベントが…

新しい本屋(小さい本屋)像

最近読んだ本2冊。 本屋さんの現状が赤裸々に語られている。 これからの本屋読本作者: 内沼晋太郎出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2018/05/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (10件) を見る 内沼晋太郎さんの著書は興味深い。 「昔な…

内村晋太郎さんの新刊

内沼晋太郎さんの新刊が出る。 「15年考え続けた新しい本屋像のすべて」章立てを見ているだけでも、早く読みたくなる。 これからの本屋読本作者: 内沼晋太郎出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2018/05/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブロ…

ニッポンの本屋(本の雑誌社)

5月下旬に刊行予定。内容紹介のトップに「人生には本屋が必要だ」とある。 その通りだな〜。 本書では魅力たっぷりな34店舗を紹介。その店舗リストを見ると、残念ながら既に閉店となった本屋さんの名前も見受けられる。。 ニッポンの本屋作者: 本の雑誌編集…

「運命の1冊、あなたのもとへ」

録画してあった4月23日の放送の「NHKプロフェッショナル仕事の流儀」を見る。「運命の1冊、あなたのもとへ〜書店店主・岩田徹」 北海道砂川市いわた書店さん「1万円選書」1万円の予算でお客さんに合った本を選んでくれる。全国から注文が殺到し、現在3,00…

ネット時代になぜフリーペーパー?

フリーペーパー専門店ONLY FREE PAPER ヒガコプレイス店の店長、松江健介さんの話が面白かった。 こんなフリーペーパーが・・・ いいね〜!・将棋フリーペーパー「駒doc.」・「大学喫煙所名鑑」 これ最高!・「玉造 Brother TIME 」上から目線の子供新聞(笑…

あれ?今日サン・ジョルディの日?

毎年ではないが、たまに気づく時がある。「あれっ、今日たしかサン・ジョルディじゃね?」 サンジョルディの日に本を贈ろう!出版業界が第二のバレンタインデイ、ホワイトデイを目指し、1986年に4月23日を「サン・ジョルディの日」と定めた。あれから30年以…

古書むしくい堂

八王子市街地の甲州街道に面してセンスのいい古書店ができていた。「 古書むしくい堂│東京・八王子の古本屋」下北沢や西荻窪にありそうなシャレた内装で品揃えもいい。 驚いたのは、その古書店に「毒蝮三代夫ミュージックプレゼント」が中継にやってきたとい…

本の雑誌「那須ブックセンター」

今月号の「おじさん三人組が行く!」は、栃木県の那須ブックセンター訪問記。 いまや書店ゼロの市町村数は417全国市町村数の24%にのぼる。その数字が意味することは、こうゆうことなのか・・・誠に恥ずかしながら事の重大さを思い知らされる。 向かいの中学…

物流が壊れる

某社長も念頭の挨拶で「今年は物流再生元年」と発言したが、それだけ物流が危機だということ。 今週の週刊東洋経済を読み改めて状況の厳しさを痛感。台風の目は、やはりアマゾンだ。 週刊東洋経済 2017年3/4号 [雑誌](物流が壊れる アマゾンの大奔流にヤマト…

村上春樹祭り!

今日は一日「村上春樹」だった・・・下世話な話で恐縮ですが、 「1Q84」以来7年ぶりの長編小説。発売時に上下巻 で130万部。おまけにプレミアムフライデー。マスコミでの派手な露出。出版業界は年度末の特需に興奮せずにはいられない。 騎士団長殺し :第1部 …

「本屋、はじめました」

ようやく確定申告も峠を越し積んであった本を読み始める。 新刊書店 Title 開業の記録。 本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録作者: 辻山良雄出版社/メーカー: 苦楽堂発売日: 2017/01/01メディア: 単行本この商品を含むブログ (16件) を見る

本屋がなくなったら、困るjじゃない

「本屋がなくなったら、困るじゃない 11時間ぐびぐび会議 ブックオカ編」 発行:西日本新聞社 ブックオカについて 本屋がなくなったら、困るじゃないか: 11時間ぐびぐび会議 (棚ブックス)作者: ブックオカ出版社/メーカー: 西日本新聞社発売日: 2016/07/31メ…

HAB 新潟

仕事で石神井公園に行き、 そこからバスで荻窪に出た。 その途中でバスの車窓から「本屋Title」を発見! 慌ててバスを降り、訪問する。 四面道の手前で、 私が昔住んでいた所のすぐ近く。 「本屋Title」は、元リブロ池袋本店の 辻山良雄さんがはじめた書店さ…

浅草キッド トーク&サイン会(八重洲BC本店)

八重洲ブックセンター本店で開催された ちくま文庫「キッドのもと」刊行記念 「浅草キッド トーク&サイン会」 (満員御礼)に参加する。 ものすごく楽しみにしていただけに あっという間の1時間15分。面白かった〜。 最近はピンでの仕事が多いイメージの為…

HAB no.2 本と流通

友人のフェイスブックで発見! なかなか入手が出来ず、 神楽坂「かもめブックス」で購入。 内容は私が勤める会社(取次)の社員が しっかりと理解せねばならない内容ばかり。 新入社員研修はじめ社内の研修に 活用してもいいんじゃないの・・・ HAB本と流通―…

レコードと暮らし(夏葉社)読了

これも新潟の北書店で購入した本。吉祥寺の出版社「夏葉社」さんの出版物著者は高円寺「円盤」(喫茶店、CDショップ?)のオーナー。店で扱うのは、全国各地の自主制作盤(レコード)と 「円盤」で作成したレコード。本書で紹介しているのはそんなレコードの…

コテージのビッグ・ウェンズデー

先週末、新潟に行った際に「北書店」さんに行く。 新潟市民芸術文化会館に行く途中に寄ってみた。 今回は若干吹雪いている中での訪店となった。 北書店さんに行くのは2回目。 いやー素晴らしい選書だ。 欲しい本が次から次へと見つかる。 このセンスは一体…

ユリイカ 臨時増刊 「出版の未来」 読了

ユリイカ 2016年3月号臨時増刊は 「出版の未来 〜書店・取次・出版社のリアル」買うの忘れた・・・ 明日買おうユリイカ 2016年3月臨時増刊号 総特集◎出版の未来 出版社・書店・取次のリアル作者: 浅田次郎,菅直人,千葉雅也,市川真人,鹿島茂,斎藤貴男,高井昌…

TSUTAYA 破壊と創造

今週の週刊東洋経済で20頁にわたりCCCの特集記事が掲載されている。タイトルは「TSUTAYA 破壊と創造」 先週のNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」といい、今週の東洋経済といい、積極的な露出が続く。これらにより、誤解と憶測に満ちた見えざる企画会社の輪…

タモリ倶楽部 第一回本タワー積み選手権

タモリ倶楽部のネタってなんでいつもこんなクダラナイこと考え付くんだろ私はこうゆうクダラナイの大好物なんだけど。 10月24日は、 書店人として必要のない技がここに激突! 「第一回 本タワー積み選手権」 ゲストは、スピードワゴン(小沢、井戸田)大宮エ…

「街を変える小さな書店」 恵文社一乗寺店

著者は恵文社一乗寺店店長の堀部篤史さん。版元は京阪神エルマガジン。恵文社一乗寺店は、京都にある超有名な”本のセレクトショップ”。失礼ながらそんなに期待せずに購入したが、しっかりとした中身のある本で、いろいろとインスパイアされるが多かった。 街…

海老名市立図書館に行ってみた

佐賀県武雄市には行けないが海老名市立図書館は家から車で30分。噂のCCCが指定管理者のTSUTAYA図書館を体験してきた。 結論から言うと・・・あーだこーだ言われているTSUTAYA図書館だがあれだけのモノを実際に作られると、グーの音もでない。CCCは凄い・・・…

本屋へ行こう!! (羊泉社MOOK) 読了

新刊です。本書では最近のトレンドであるBOOK&Cafeやセレクトショップ、古書店をフォーカスしています。また、 ・全国の注目新規店 ・いまどき売れる本屋の経営戦略 ・複合型書店の20年史(永江朗) ・数字で見る書店経営の現状などの特集記事が並び "本屋…

笑喜転一頁師匠 落語会

笑喜転一頁師匠(神戸 井戸書店 森社長)の落語会に参加しました。 師匠はもともと落研出身ではなく、趣味講座で学んだそうですが、これが上手い!本業の傍ら年に何回も高座を務められている。演目のチョイス、ソフトな笑い、器用だな〜。大いに笑わせて頂き…