本(既刊)

絵みやげ? 気になる 2冊+1冊

今日のたまむすびで紹介された2冊は両方とも気になる。 思わずポチっとしたくなる。 ・土屋礼央(木曜パートナー)さん推薦 鉄オタ(企業努力鉄)の礼央さんが、路線図マニアの外山アナに 送った一冊。外山アナの興奮ぶりからも手に取ってみたくなる。 JR私…

和田誠、つかこうへい、角川文庫

和田誠さんの訃報が流れる。 私の中での和田誠さんは、つかこうへい作品(角川文庫)の装丁。 和田誠 つかこうへい 角川文庫(背表紙:緑) 主につかさんを通して、和田誠さんからは大いなる刺激をうけてきた。 合掌。 家の書棚から、つかこうへいの角川文庫…

ロウソクの科学

懐かしい書名がニュースを駆け巡る。「ロウソクの科学」だ。 ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんが、小学校の先生に薦められ 「科学に興味を持つ原点」となった本として紹介された。 さっそく発行元のKADOKAWAが、緊急重版2万部を決定した。 ロウソクの科学…

令和に”神風”は・・・

ラクビ―W杯。スコットランド 61-0 ロシア これで今日の日本ベスト8進出確定はなくなった。 プールA現時点での勝ち点は、日本14、アイルランド11、 スコットランド10このうち2チームが決勝トーナメントへ進める。 アイルランドは最終戦(10/12)がサモアなの…

語る~人生の贈りもの~ 柄本明

朝日新聞の文化・文芸欄「語る~人生の贈りもの」に9/10から 16回にわたり柄本明さんのインタビューが載っていた。 これまでの歩み(人生)を柄本さんらしく照れながらも ストレートな表現で語る姿が行間から感じ取れる。 私としては珍しく全部の記事を切り…

出版状況クロニクル 2019年9月

毎月1日は小田光雄「出版状況クロニクル」の日。 月次で出版業界の動向を配信、普段はなかなか表に出てこない 生々しいニュースまで網羅してくれており、すぐに目を通す。 (毎月1日の深夜0時を超えると配信されている) こうゆうご時世(特に出版業界)なの…

蔵書整理 第三弾

蔵書を整理する中で、前回(9/6 第一弾)に続き破棄する本をまとめたので、 八王子市の戸吹クリーンセンターまで持参する。これらは私の目からしても 再活用できないような書籍ばかり。やむを得ない・・・。 (残りの蔵書は、9/27に古書むしくい堂さんが買い…

原田治展(世田谷文学館)

後輩のブログで「原田治展」(世田谷文学館)を知る。これは行きたい! しまった! 開催期間はあと一日。つまり最終日しかない。 気合を入れて早起きし、車を飛ばして(法定速度で)世田谷文学館へ。 原田治さんは、 1970年代後半から90年代にかけて、女子中…

蔵書整理 第一弾

前々から手を付けようと思っていた、家の応接間にある蔵書の 整理をはじめた。これらは、ほとんどが亡くなった父親の蔵書。 父親は教育関係(中学の教員、校長、教育委員会)の仕事だったので かなりの蔵書がある。出版社の企画商品(文学全集、事典、美術全…

今日は思いがけず

今日は思いがけず、いい出会い、繋がりがあった一日。 それも一気に3つも! こういった縁は大切にしたいものだ。 それにしても「これは経費で落ちません!」は今日も面白い。 ”江口のりこ”に”ベッキー”。キャスティングがパーフェクト! 週刊現代では、3頁…

薄れるテレ東らしさ?

薄れるテレ東らしさ・・・確かに言われてみれば・・ 今はMXテレビの方が、テレ東らしいかな~。 テレ東らしさと言えば「お金がない」「人がいない」「場所がない」という 命題に向き合い、知恵と工夫と熱意でヒットコンテンツを生み出してきた。 「家、つ…

東京堂書店神田神保町店

順天堂病院への通院帰りに、久々に神保町に寄ってみる。 いつものコースは書泉グランデ、三省堂書店神保町本店に より周辺の古書店を眺めるのが定番。 今日はスズラン通りを進み、最初に東京堂書店神田神保町店に入る。 東京堂に来るのは、相当久しぶりだ。 …

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍(岩波新書)

著者が「荻上チキsession-22」に出演していたので 本書が気になっていた。遅ればせながら購入し読了。 独ソ戦にの詳細を知るにつれ、従来の理解が書き替えられた。 それは地獄だ。ドイツとソ連のあいだで繰り広げられた 血で血を洗う皆殺しの闘争で、想像を…

これは経費で落ちません!

ドラマ「これは経費で落ちません!」にハマってます。 主演は多部未華子。全十話。第一話が終わった後に 友人からススメられ見るようになった。 これが面白い。 第一話が見れてないのが悔しい。再放送しないかな。 多部未華子の凛とした佇まいと奥手な性格。…

久米宏 NHKあさイチに出演

7月19日(金)のNHKあさイチのゲストに 久米宏さん登場。宣言通り・・・なかなか爪痕を残しました。 7月13日(土)のTBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」で NHK生出演を告知し、7月17日(水)にはTBSラジオ「たまむすび」 の放送に乱入し、博多大吉さんと…

志の輔らくご「牡丹灯籠」

恒例「志の輔らくご 牡丹灯籠」14日(土)15:00~本多劇場当日券狙いで並び、なんとか入場できた。良かった!席は2列目下手壁側の仮設席(パイプ椅子にクッション) 落語を聞くのは、正月のGINZA SIX 観世音楽堂での「志の輔らくご 銀座詣」以来、…

エロ本というジャンル

大手コンビニが「成人向け雑誌」の取り扱いを中止する方針を発表し、 絶滅が危惧されているエロ本。そんな中、エロ本アーカイブというべき 立派な本が発売された。誰かが言っていたが、確かに業界本ではある。 なんとオビは石野卓球が書いている。 日本エロ…

本社ビル新築工事の話

勤めていた会社の同期Nさんが来てくれる。 体調不良から休職、退社とすべてNさんに助けられてきた。 感謝してもしきれないぐらいにお世話になっている。 本当にありがたいことだ。Nさんの顔を見ると安心する。 こちらから最近の身体の具合、治療状況を聞いて…

便乗商法?とりあえず乗っかっとけ

山里亮太著「天才はあきらめた」(朝日文庫)のオビが変わった。 比較すると天と地ほど異なるコピー文章・・・ あきらかな山ちゃん結婚での便乗商法?(笑)。 出版業界では、こうゆうのありだよあり。どんどん乗っからないと! (旧)天才はあきらめた 劣等…

古今亭志ん朝と大須演芸場

6/11放送 BSプレミアム 「落語を救った男たち 天才現る!古今亭志ん朝の衝撃」を見る。 1960年代落語が衰退の危機を迎えた時に、現れた天才「古今亭志ん朝」。 時代の求めに応じて登場し、2001年 63歳の若さで早逝した。 誰よりも華があり、艶があり、上手い…

山田うどん 改め・・山田うどん食堂

埼玉のソウルフード「山田うどん」改め 「ファミリー食堂 山田うどん食堂」。 2017年7月から順次、名前が変わってことに気づく。 武田砂鉄さんのラジオACTIONに北尾トロさんがゲスト出演。 二人は元担当編集者(河出書房新社)と著者の間柄。 以前発行した「…

医者と患者の間で・・・

医者(主治医)とのコミュニケーションで苦労している。 今日もなかなかに厳しい話をされてしまった。 「どうしたいの?」「どうするの?」と強く迫られても・・・ この症状を治したい、日常生活をおくりたいとしか言いようがない。 なんだか常に医師の言葉…

山里亮太 入籍!

山里亮太、蒼井優が入籍! 山ちゃんおめでとう! たまむすびファミリーの吉報にこちらまで嬉しくなる。 芸能人の結婚でこんなに喜ばしいこともないな~ headlines.yahoo.co.jp 山ちゃんの著書を読んでから・・ 誰よりも書店を訪問している姿を見てから・・ …

これが本物の「引っ張りだこ」(岡部敬史さん)

久米宏と岡部敬史さん(編集者・ライター作家)の 対談が面白かった。 「“売れる本”ではなく、“今までになかった本” “本当に面白い本”を作りたい」 という岡部さんの話がすごく魅力的。 それがそのまま本に現れている。 www.tbsradio.jp 表紙写真は「引っ張…

その出版社、凶暴につき

情報センター出版局。 1980年代から90年代に、名物編集者H山K須也さん(ブログまま) を中心にして業界を席巻していった出版社。 個人的にも仕事的にも大変お世話になった版元さん。 営業部に知り合いも多く、社は変わったが 今でも変わらぬお付き合いをし…

大嘗祭「斎田点定の儀」

この儀式がこれほど大々的に報道されるとは驚く。 大嘗祭「斎田点定の儀」は、 亀の甲羅(亀甲)を火であぶり、ビビの入り具合から 神意を問い、大嘗祭で用いられる米の産地を決定する という儀式(宮中祭祀)。 平成大嘗祭の時は、政教分離の論争からか ほ…

坂ミシュラン

東京は坂の街なんだね。あらためて認識。 「安住紳一郎 日曜天国」のゲストは、 坂道愛好家・沢村耕太さん この「坂ミシュラン」というサイトの 東京23区 坂道傾斜ランキングが興味深い。 (太坂部門:四輪車が通れる ベスト5) ※同傾斜度の同率4位が6つ。ベ…

感謝!言葉の力

「言葉の力」を実感する一日だった。 みなさんありがとうございます。 ※6/9 バックデートで記述 体調が体調なので、会社を退職するにあたり、お世話になった方に 直接挨拶することができなかった。不義理ながら社内関係者を中心に メールでご挨拶させて頂い…

令和元年五月七日

令和元年五月七日 この日付を忘れることはないだろう。 ※6/9 バックデートで記述 本日付で約30年勤めた会社(取次)を退社します。 この2年間は復職を目指して腰痛治療に取り組んできましたが、 未だ復職できる状態には至らず、ついにこの日を迎えました。 …

大型連休ってどうだった?

10連休最終日。 テレビ各局は、連休を総括した報道がメイン。 「大いに満喫した。ゆっくり休めた」 「長すぎて困った。仕事への影響が大きい」 という二つの声があるなかで、どうも後者の 報道色が濃く感じられた。 休みが短いと不満、長すぎても不満・・・ …