Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

第三舞台 11月解散

今日の朝日新聞夕刊に記事が載っていた。

劇作・演出家の鴻上尚史が率いる劇団「第三舞台」が解散を発表した。

1980年〜90年代の「小劇場ブーム」の象徴の一つだった劇団が、創立30年で姿を消す。

私家版 第三舞台   私家版 第三舞台


正直な感想は 「第三舞台、まだ、やってたんだ・・・」

それもそのはず、2001年から10年間活動を封印していたのだ、

封印を解いた11月の「深呼吸する惑星」が解散公演となった。


私が第三舞台を初めて観たのは、1983年10月の「デジャ・ヴュ」。

場所は、早稲田大学大隈講堂裏特設テントだった。

それから90年代の半ばまでは、かなり観ていた。


今回のキャストは、筧利夫長野里美小須田康人山下裕子筒井真理子

高橋一生大高洋夫・・・大部分がテント時代のメンバーだ。 皆さん一体何歳なんだ?


鴻上尚史のごあいさつ―1981‐2004  鴻上尚史のごあいさつ―1981‐2004


第三舞台で好きだったのは、

チラシに入っている鴻上尚史手書きの「ごあいさつ」と、

芝居で使う音楽の選曲の良さ!

選曲には本当に痺れた。


「デジャ・ヴュ」のオープニングは、ザ・モップス「たどりついたらいつも雨ふり」

モダン・ホラー」は、YMO「 Behind The Mask」
そして芝居名は忘れたが、Roxy Musicの「 More Than This」。



ネットで第三舞台命名の由来を発見。そういえば昔読んだ記憶がある。

「まず第一舞台がありまして、それはスタッフとキャストが力を合わせた舞台のこと。
第二舞台は観客席。第三舞台は、第一と第二の舞台が共有する幻の舞台。
劇団の自己満足に終わらず、お客さんが付き合いで来ているだけでもない、最上の形で共有する舞台、
ということで第三舞台と名付けました。   (鴻上尚史/早稲田演劇新聞1981.VOL7)