「終戦 なぜ早く決められなかったのか」

67年目の終戦記念日。会社でも正午に黙祷があった。

NHKスペシャル「終戦 なぜ早く決められなかったのか」を見る。


戦争末期の指導者の行動や判断には不可解な点が多い。

英国の公文書館などの未公開資料から、日本はソ連の対日参戦を早い時期から察知しながら

ソ連に和平交渉の仲介を期待し接近していたこと。のエビデンス(外交電文)が見つかった。

また当時の軍務官僚の肉声テープ(戦後録音)からは、強硬に戦争継続を訴えていた軍が、

内心では米軍との本土決戦能力を不十分と認識し、戦争の早期終結の道を探ろうとしていたことがわかった。




指導者たちは状況を正確に把握し、戦争終結のタイミングも理解しながらも、

会議(御前会議、戦争指導会議、大本営連絡会議)では、本音は言わない。

たとえ天皇が胸襟を開いて開催された、6月22日の御前会議でも指導者たちは本音を言わず

終戦のチャンスは8月15日まで延ばされてしまった。


その間、各地の空襲、沖縄戦ソ連参戦、広島・長崎原爆投下、そしてその後の満州・朝鮮からの

引き上げ、シベリア抑留と多大な人的被害が発生した。その責任をどうやってとるつもりだったのか?


この番組のテーマは、国家存亡の危機を前にしながらも、自己の権限の中に逃避し、

決定責任を回避しあっていた指導者の実態を浮かび上がらせる。 ということにある。

ここに登場する指導者、鈴木首相、東郷外相、阿南陸相、米内海相、梅津参謀総長、豊田軍令部総長らは、

外務省、陸軍省海軍省参謀本部、軍令部という組織の中に逃避し、組織にリスクがある決定責任は

徹底的に回避した。 つまり”官僚だった”のだ。


我々日本人は350万人の犠牲の上に、国家的な岐路における重要な決定をめぐる課題について

という点を反省し学んだはずだ。



日本軍の敗因―「勝てない軍隊」の組織論

日本軍の敗因―「勝てない軍隊」の組織論


「国力に大きな差がある国とは、総力戦をやってはいけない(勝てない)」

という命題すら見失ってしまう 「日本組織」の欠陥・・・

政府、政党、企業(自分の職場を含む)に継承されてはいないだろうか。


気がついた人間は、それを打破していかねばならない!