地下鉄バカの壁 撤去

年度末は忙しい、仕事も、飲み会も・・・(ブログ2回休み)

明日より東急東横線と地下鉄副都心線が乗り入れ、東横線渋谷駅が地下になる。

駅の別れを惜しむ人で、駅は大混雑だったようだ。

私も5年間(?)渋谷の大学に通っていたので この駅舎には非常に思い出がある。

これは後日語りましょう・・・


先日、地下鉄九段下駅で乗り換える際に、有名な”バカの壁”を発見した。


  撤去工事中の”バカの壁


東京の地下鉄は東京メトロ都営地下鉄の2社があり、その間の乗り継ぎは不便だ。

その最たるものが九段下駅。、都営新宿線東京メトロ半蔵門線の「九段下駅」は

隣り合って建設されているにも関わらず、乗り換えには階段を上り下りし、改札を通らなければならなかった。


地下鉄一元化論者の猪瀬直樹東京都知事はこれを「バカの壁」と批判していた。

この”バカの壁”も東急東横線と同じく3月16日より撤去される。


  すぐ向こう側には都営新宿線が・・・


一昨日、たまたま九段下駅と利用した際に、撤去工事中の”バカの壁”を実際に見た。

驚いた! 都営新宿線東京メトロ半蔵門線ホームは同一だったのだ。

それをホームの真ん中で分断するように”壁”が塞いでいたのだ。

まるで“ベルリンの壁”だ。


”地下鉄バカの壁”を批判することは簡単だが、

 これを撤去しただけでも、大きな前進と評価すべきであろう・・・


バカの壁」は思考停止を招く。安易に「わかる」「絶対の真実がある」と思い込んでは、

 強固な「壁」の中に住むことになると戒めている。


バカの壁 (新潮新書)

バカの壁 (新潮新書)