東横線渋谷駅地下化  消えゆく情景

東急東横線渋谷駅の地下化と地上ホームの廃止は、

様々なメディアで大きく取り上げられていた。

この駅舎に青春時代の情景を思い浮かべる人の多いこと多いこと。

それもそのはずこの駅舎の歴史は85年なのだから。


小生も大学時代の5年間を渋谷で過ごした。

なので”煙霧”の日(3/10)に思い出の渋谷をファインダーに収めるべく渋谷の街に繰り出す。

鉄っちゃん以外にも、同じような輩の多いこと多いこと。



学校に行くには、渋谷駅南口を通り歩道橋を上る。渋谷警察の脇を通り、

金王八幡宮から路地に入り常磐松小学校実践女子大学の脇を歩いて行く。

渋谷というイメージからかけ離れたような住宅街だった。



大学卒業して、もう25年以上経っている。

渋谷警察は建て替わり、東邦生命ビルは渋谷クロスタワーと名前を変えた。

通学路沿い、明治通り沿いの建物もどんどん新しいビルになっている。

学生時代に飲みに通った井の頭線ガード下周辺は、渋谷マークシティ出現で風景が一変した。



東急文化会館渋谷ヒカリエに変った。

そして今回、東急東横線渋谷駅が消える。

東横線沿線には劇団の友人が多く住んでいた。特に祐天寺、中目黒の友人の

下宿には、どれだけ泊めてもらったことだろう・・・・・


  通称”甘栗屋前”


渋谷駅南口前の歩道橋下を通称”甘栗屋前”と呼んでいた。

我々の劇団は学校での稽古が終わるとゾロゾロと渋谷駅まで歩き、

この甘栗屋まえに集合し、代表のかけ声「お疲れ様でした」で解散する。

どこかえ行く時の集合場所も”甘栗屋前”だった。


我々はこの場所に甘栗屋が出ているのを見たことがない。

先輩曰く「この場所には甘栗屋があったから”甘栗屋前”と呼んでいる」だそうだ・・・


甘栗屋前の跡地には高層ビルが建つそうだ。

今後、東急プラザの再開発計画もあるそうで、我々の知っている”渋谷”は姿を消して言ってしまう。

寂しいが仕方が無い・・・。