Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

箱根大雪珍道中・・・ 顛末記

遅ればせながら、先週末の箱根大雪珍道中を記します。


2月の第二土曜日は、毎年恒例の”渓流釣り研修会”(=温泉で飲み会)。

昨年は、奥鬼怒温泉”加仁湯”に行ったが、

今年は、リーズナブルに出版健保の保養所おおたいら(箱根仙石原)へ。

参加メンバーは8名(Hさん、KJさん、SWAさん、Aさん、Nさん、Wさん、KYさん、私)。


 


当日は大雪が予報されていた為、車2台で行く予定を、

急遽、前日に小田急ロマンスカーに変更。

行きの車中から大盛り上がりで、13:00過ぎ箱根湯本駅に到着。

しかし、順調なのはここまでだった・・・



大雪で箱根登山鉄道と路線バスがすべて運休。

ここから先の足はタクシーしかないが、道路は大渋滞。

ここまで来て、帰るわけにはいかない」と

我々はタクシー待ちの行列に並ぶ。時間は13:30.

行列は駅前から橋を渡り向こう岸まで約250mも続く。 

「とにかく待ってタクシーで行こう」 まだ楽観的だった。


    タクシー待ちの列。


箱根湯本駅で同じ会社の将棋部の面々にあった。

今晩、我々と同じ宿に泊まるということは聞いていた。

なんと将棋部の面々は、宿まで歩いて行くと言う・・・

「無茶だ! この雪の中、箱根湯本から仙石原まで歩けるわけがない。

 遭難するぞ。無謀だ! 将棋は先を読む競技だろう、将棋部は先が読めないのか・・・


でも彼らは、歩いて行ってしまった。

正直、明日の朝刊の見出しが心配だった。

将棋部遭難! 安易な雪道走破」(それは余計な心配だった)


 タクシーが来ない・・・


雪の降る中でタクシーを待つこと6時間半・・・すでに20:00。

まだタクシーに乗れない。寒い! 寒い!

あと30人なのだが、タクシーは10分に1台しか来ない。

そこにタクシーの運転手が
「強羅より先は、玉突き事故の恐れがあり、今からではもう無理だ」

と言っているとの情報が入り、ついに我々も小田原までの撤退を決意した。


  ホテル明日香


一縷の望みをかけて、Wさんが駅前の観光案内所に飛び込む。

8人が泊まれる宿はなかなか見つからなかったが、

なんとか素泊まりで二部屋を押さえられた。場所はホテル明日香

温泉と宿泊は確保できたが、食事と酒はセブンイレブンで調達するしか方法がなかった。



予約していた宿に電話すると、既に将棋部は到着していた。

温泉でゆったりと暖まり、ソチ五輪スノーボードを見ながらの宴会。

しかし、みんな疲れ果てていた。 

早々に就寝する。



流石、将棋は先を読む競技だけのことはあった。

先が読めないのは我々の方だった。

翌日は起床後、セブンイレブンのおにぎりとコーヒーで朝食。

10:00過ぎのロマンスカーで早々に箱根を退散する。


旅行が不完全燃焼な分、帰りのロマンスカー車内は盛り上がった。

帰宅後は、雪かきと都知事選挙が待っていた。


渓流釣りの会は、相変わらず話題に事欠かない(笑)。