「ルパン三世」観てきました。

ようやく映画「ルパン三世」を観てきた。

アニメとは別物と思っていても、どうしても比較し辛口になってしまう。


しかし、主要キャストは文句なしに良かった。

小栗旬のルパン、次元、五右衛門、銭形は100%の出来!

峰不二子は80%かな・・・だけど頑張っていた。


何故か全体に違和感が・・・原因は何だろう?

考えるにまず、ストーリーが面白くない。

ルパンの盗みはもっとスマートなはずなのに・・・


そして主要キャスト以外の登場人物が多する。

結果ルパン、次元、五右衛門、峰不二子のキャラ、

チームワークの描き方が散漫になってしまい大変残念。



あと、音楽が、アニメ「ルパン三世」の音楽を使って欲しかった。

これも違和感の要因のひとつかもしれない。


小栗旬はインタビューで「アクション映画」という言葉を使っていた。

我々が求めるルパン三世は「アクションコメディー」だと思う。

映画の中で笑いが起こったのは一カ所だけだった。


小生の点数としては2.6点。

主要キャストが凄く良かったので、

是非、堤幸彦監督での続編またはテレビドラマ化を望みます。