ナンシー関のいた17年(NHK)

12月14日に放送された「ナンシー関のいた17年」は

なかなか秀逸なドラマだった。

稀代のコラムニストの短くも激しい人生を、

いとうせいこう、デーブ・スペクターなど関係者のインタビューを交えながら、

個性的なキャストに描いてくれた。



「私は『顔面至上主義』を謳(うた)う。見えるものしか見ない。

 しかし目を皿のようにして見る。そし見破る。」

 これがナンシー関の矜持であった。

そのテレビ批評は没後12年を全く古びることがない。

いや、むしろ今も新たな読者を獲得している



ドラマは1980年代中盤からはじまる。

ホットドッグプレス」編集部だったいとうせいこうナンシー関命名され

消しゴム版画イラストレーターとして「ホットドッグプレス」でデビューした。

当時のイラスト界では、ペーター佐藤やスージー甘金など、

外国人風名前のペンネームが流行していたこともあり、この名前になった。

命名者のいとうせいこう曰く

「なんかさ、そういうほうが、ぽいじゃん」とのこと。



当時はカルチャー雑誌、サブカルチャー雑誌の全盛時だった。

特にサブカルチャー雑誌は勢いとパワーがあった。

ビックリハウス』、『宝島』、『スタジオボイス』などなど

思えば小生もこの雑誌たちに憧れて出版業界を志した。

(出版社には入れなかったんだけど・・・)


なので、このドラマには自分の若い頃とシンクロする親近感があった。


ナンシー関全ハンコ5147

ナンシー関全ハンコ5147


番組の最後は、やはり想像通りだった。

ナンシー関のいた17年」をナンシー関が観て批評する。


「・・・ けっ」 っと。