Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

George Michael - Somebody to Love

クリスマスにジョージ・マイケルの訃報。

今年はミュージシャンの訃報が多かった気がする。


デビッド・ボウイグレン・フライ

モーリス・ホワイトキース・エマーソン

プリンス、ジョージ・マイケル・・・


ちょうど70年代から80年代を飾った

ミュージシャン達が鬼籍に入り出した。

我々の青春時代80年代のプリンス、

ジョージ・マイケルは正直、ショック。


そんな気持ちを代弁してくれてか、

27日の「荻上チキ・Session-22」で

ノーナ・リーブスの西寺郷太

「追悼 ジョージ・マイケル その魅力」

を熱く熱く語った。



ワム(Wham!)時代からソロ、そしてもっと

日本で評価されて欲しかった後期(晩年)まで、

見事な選曲だった。


ジョージ・マイケル小田和正 論。

ワムの相方アンドリュー・リッジリー

ピエール瀧 論。(マイケルは石野卓球)には笑った。


噂のメロディ・メイカー

噂のメロディ・メイカー



私の一押しは、1992年にロンドンの

ウェンブリー・スタジアムで行われた

フレディ・マーキュリー追悼コンサートで、

クイーン(Queen)のメンバーと共演した

「Somebody to Love」 だな。


合掌



リハーサル映像もカッコいい!