Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

柳家喬太郎 みたか勉強会

勉強会という名の独演会は昼夜二回。

夜の部はリラックスモードで

「まくら」がたっぷり!

これは嬉しい。



大爆笑のまくらに、注目のキーワードが

三つあったので調べてみた。

札幌のちくわパン

・「CR豊丸とソフトオンデマンドの最新作

・「映画「大怪獣モノ」


喬太郎ワールドって凄い・・・

(詳細はリンク先を参照)



本日の喬太郎さんは二席。

切れ味鋭くシュールなオチの「館林」と

創作落語「いし」


この「いし」が凄かった!

登場人物は30半ばの独身サラリーマンのみ。

このたった一人の登場人物のモノローグ

で物語は進行する。


まるで不条理SF短編だ。

サミュエル・ベケットだ。別役実だ。

いや劇団東京乾電池の芝居のようだ。


いずれにせよ参りました。

落語の無限の可能性を生で体感した

貴重な一夜だった。