20170806 WAHAHA本舗全体公演 ラスト3 八王子公演

2017年を振り返るシリーズ。


8月6日(日)WAHAHA本舗全体公演ラスト3

八王子オリンパスホール


WAHAHA本舗全体公演が八王子に来た。
観るのは初めて。



入場時に「桜の枝」を一本渡される。

ロビーでは、劇団員による「ロビー演芸 娯楽座」や

グッズ販売、サイン会、抽選・・・とおお賑わい。

劇場のロビーはすでに「お祭り」会場だった。



幕が上がり、オープニングは梅ちゃん(梅垣義明)が

圧倒的な存在感で「さくら(森山直太朗」」を熱唱。

知らず知らずのうちに私も「桜の枝」を振ってた。

会場(約2000人)全員が大波のように桜を振る。

 圧巻だった!


これだけでもすでに楽しい。

そこから歌、ダンス、コント、漫才、客イジリ・・・

などが次々に繰り出される。


中でも久本雅美柴田理恵の存在感は圧倒的だ。

おおー!痩せた「なんきん」さんも頑張っているぞ。


なんだろうこの感覚は?

そうだ幼少の頃の「ドリフターズ」の

テレビバラエティに似ている。

”エロさ+下品なドリフターズ

という感じだろうか。


笑いのテイストは少し古かったが(笑)。

(旧日本兵漫才:横井さん、小野田さん)



どんどん楽しくなってきた。

同じ阿呆なら踊らにゃ損そん・・・

グッズを買い、演出家「喰始(たべはじめ)」

さんのサインまでもらう。


終演後はロビーの「お祭り」に一層拍車がかかる。

お祭りを通り越し年末のアメ横状態。

最後のお客さんが会場を出るまで踊り続ける

「客出しダンス」も熱い!



本当に気持ちのいい舞台だった。

「会場に一歩入った瞬間から出るまで

  お客さんを徹底的に楽しませる」という

 WAHAHA本舗のDNAに感動すら覚えた。


「絶対にまた観よう!」と心に誓う。