Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

センター試験「日露国境の標石」

センター試験問題の日本史Bを見ていたら

なんと旧樺太(サハリン)の日露国境標石が

写真入りで出題されているではないか。


出題範囲の意外性に驚くとともに

「ここまで出るのか!」「憶えねばならんのか!」

と受験生に心から同情する。



日露戦争後のポーツマス条約で大日本帝国

樺太の北緯50度以南を領有した。その為

日本の歴史上唯一?陸上での国境線が生まれた。

樺太を横切る132キロの国境線に

4か所設置されたのが「日露国境標石」。


標石の南面には菊の紋章と「大日本帝国」の文字。

北面には、ロシア帝国の双頭鷲紋章とキリル文字

「РОССiЯ」(ロシア)。


いまの教科書は「国境標石」まで

載ってるのか!? 驚いた。


(国境標石と国境警察隊)


樺太樺太庁管轄)は、朝鮮、台湾、関東州のような

外地(植民地)ではなく、日本本土(内地=国内法適用)

だったということ・・・

8月9日のソ連参戦から17日間にわたる悲劇の

「知られざる本土決戦」が行われたこと・・・


までは載ってないよな・・・

昨年夏に放送されたNHKスペシャ

樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇」を見てから

下記の書籍を読んでいたのでピンときた。


知られざる本土決戦南樺太終戦史―日本領南樺太十七日間の戦争

知られざる本土決戦南樺太終戦史―日本領南樺太十七日間の戦争