ちょっと気になる本

ちょっと気になった本2点。

(まだ購入していませんが)

 

アフター1964東京オリンピック

アフター1964東京オリンピック

 

 「いだてん」放送開始。

ピエール瀧さんの木曜たまむすび常連である

カルロス矢吹さんの新刊。

 

1964年東京オリンピック出場選手のその後を追ったルポルタージュ

東京オリンピックは裏面史と2020年大会への提言。

 

 

プロ野球バカ本 まったく役に立たないブックレビュー!

プロ野球バカ本 まったく役に立たないブックレビュー!

 

 球春到来!

 古今東西プロ野球に関する「バカ本」をご紹介。

 

ノーコンプランス、ノーモラル、助っ人バカ本、ウンチクバカ本、

辛口、悪口、タブー、ノムさんバカ本・・・

編集者の逞しさには恐れ入ります。

これぞ出版パワーの原点!?

 

 こんな本が紹介されています。(ほんの一部)

 カネやんの八方破れ人生論 やる、やったれ、やったるで 金田正一

これが、言いたい事のありったけ― (トクマブックス)  江夏豊

さらばサムライ野球 (講談社文庫) ウォーレン・クロマティ

野村のイチロー論 野村克也

プロ野球を10倍楽しく見る方法―抱腹絶倒! 〈ワニの本〉江本孟紀