荒川強啓デイ・キャッチ

1995年から24年間続いた

荒川強啓デイ・キャッチ」が最終回を迎えた。

各方面、特にラジオ同業者から、その終了を

惜しむ声、感謝の声が満ち溢れてる。

 

f:id:Makotsu:20190401150843j:plain

 

番組の最後まで、いつも通りにソフトかつ鋭敏に

ニュースを斬る荒川強啓さんの声が心に焼き付く。

気丈にふるまっていたアシスタントの片桐千秋さんが、

最後の最後で嗚咽する声を聞き、目頭が熱くなった。

 

「デイキャッチがなくなったら、これからはどこで、

 ストレート意見を言えるんですか?」

青木理さんはじめ多くの出演者が、番組の終了を嘆く。

 

(4/2追記)プチ鹿島さんがスポーツ報知にいい文章を載せていた。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

残るこの手のニュース番組は、荻上チキssesion-22ぐらいしかない。

後継の番組は「ACTION」。そこには四半世紀続いた聴取週間を

あえて変革させてまで今やらなければ・・・

というTBSラジオの危機意識を感じることができる。

 

昨年はナイター中継を全廃させて

ライムスター宇多丸を平日夕方オビ番組に投入。

その前は、ベテラン大沢悠里の枠に伊集院光

ジェーン・スーを投入し、各々成功を収めている。

 

さてさてどうなることか

ACTIONも楽しみだ。

 

f:id:Makotsu:20190401152615j:plain

16:30~17:50 アシスタント:幸坂理加

月:宮藤官九郎

火:尾崎世界観(クリープハイプ

水:DJ松永 (Creepy Nuts)

木:羽田圭介 

金:武田砂鉄

 

(4/2追記)

2日間ACTIONを聞いたが・・・まだまだ判断には早すぎる。