蔵書整理 第二弾

蔵書整理のつづき

前回破棄する本を分別して破棄したので、残りの本を

買い取ってもらう本蔵書として残す本に仕分ける。

ほとんどは買い取ってもらう本になる。

まずは一般書、文庫、新書、大判(水墨画関連書)を束ねる。

これらは、最近の本が中心なのでいわゆる一般の古書と同じようなもの。

f:id:Makotsu:20190912105906j:plain

次は書棚の中の古い本を整理する。

ほとんどが全集、巻数書籍なのでシリーズごと巻数順に整理する。

出版社の企画商品、地理関係のシリーズもの、百科事典、各種事典が中心。

これらは昭和30年代~40年代刊行のものが中心。買い取り価格が期待できるか?

と思ったが、古書店のご主人曰く「企画ものは意外と値段が付かないですよ」

 

(以下が整理したシリーズもの)

f:id:Makotsu:20190912110251j:plain

f:id:Makotsu:20190912110357j:plain

f:id:Makotsu:20190912112927j:plain


ほとんど美本はなく、巻数欠品も多い・・・

最も古い本は、昭和17年刊行の「南洋地理大系」(ダイヤモンド社)だった。

「大百科事典 縮刷版」15巻(平凡社1953)は、中身が戦前版の内容で貴重。

蔵書として残しておこう。

f:id:Makotsu:20190912115229j:plain

アサヒグラフ別冊 美術特集」は欠本多し。「奈良の寺」(岩波書店1973)、

「国民百科事典」(平凡社1962)は、あまり美本ではないが全巻揃い。

f:id:Makotsu:20190912104538j:plain

これは超大物(サイズが)の「世界美術大系」(講談社1965)。

全巻とラックまで揃っているが、美本がない・・・

f:id:Makotsu:20190912132735j:plain

最後に大判の書籍。古地図、世界地図、美術書など

 

ようやくここまで整理することができた。

幼少の頃から家にあった本ばかりで、私が活字に親しむ土壌を生んでくれた。

想い出の書籍ばかりだが、信頼できる古書店さんを通じて、本好きの方に

繋がってもらえればありがたい。

 

さて、これら本のリストと画像を古書店さんにメールして、

買い取りに来てもらうスケジュールを詰めていこう。