北千住よりの使者

北千住からOさんが来てくれる。

彼は高校の同級生で元バンド仲間。


「あと少しで着くよ」とLINEがあったので

窓から道路を見ていると

松葉杖の人が満面の笑みで手を振っている。

「なんだ・なんだ?」 Oさんだった。


正月の家族スキーで足の骨を折ったそうだ。

それなのに北千住から西八王子まで

私の具合を見に来てくれた。


嬉しくて感動するとともに

失礼ながら、少し笑ってしまった。

なんだか自分が

「具合が悪い」なんて言ってられない・・

と励まされた気分だった。



せっかくなので、元同じバンド仲間のKさんも

呼び出し三人で食事をする。(三人ドリフか?

KさんもOさんの骨折には、

まるでコントか!?]と大笑い。


私もつられて大爆笑。久々に笑った気がする


私以外の二人は映画「ボヘミアン・ラプソディ」を

観ているので、一頻りクイーンの話題で盛り上がる。


フレディ・マーキュリー追悼コンサート

(1992年 London Wembley Stadium)での

ジョージ・マイケル&クイーン

Somebody to Love」も最高だよね。

という意見では三人とも一致。




Oさんは、

忘れかけていた笑いを届けてくれた

”北千住よりの使者"でした。