Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

映画「ミッドウェイ」答え合わせ

映画「ミッドウェイ 」を観てきた。

ちょうど 9/18のMOVIE WATCHMEN(週刊映画時評)で

ライムスター宇多丸さんが「ミッドウェイ」を取り上げて

いたので。感想の答え合わせをしてみる。

 

f:id:Makotsu:20200910131122j:plain

 

私の感想は「まあまあ良かった」。

CGによる戦闘シーンは凄かった。登場する艦船・航空機も

日米ともに忠実に再現されており。一見の価値あり。

 

ストーリーは歴史の流れに忠実かつ、日米がフラットな立場で

描かれており好感が持てる。しかしそこはアメリカ映画・・・

 

真珠湾でこんなひどい目にあったが、ニミッツ(司令官)、

 レイトン(暗号解読)、ディック(艦爆隊隊長)たちの英雄的な

 活躍でミッドウェイでは紙一重だったがアメリカの危機を救った」

 

と「インディペンデンス・デイ」の監督らしい、アメリカンヒーロー的

エンディングだった。日本人としてはちょっと苦虫をつぶす感じだが・・

 

f:id:Makotsu:20200921141208j:plain

 

CGによる戦闘シーンは文句なしに凄い迫力で印象に残った。

特に冒頭の真珠湾攻撃のシーンは、まるで「プライベートライアン」の

オマハビーチの戦闘シーンのように、凍り付く映像で一気に引き込まれた。

 

日本の三人の提督ステレオタイプだがしっかり描かれていた。

皆さんネイビーブルーの海軍提督服がよく似合っている。

 ・止む無く開戦したが泰然自若の山本五十六豊川悦司

 ・冷静沈着で勇猛な山口多聞浅野忠信

    ・両作戦で決定的なミスを重ねる南雲忠一國村隼

 

特に浅野忠信山口多聞がいい。航行不能になった空母飛竜を

魚雷により自沈処分する提督の最期のシーンまで描かれている。

 

以上が私の感想。さて宇多丸さんの評論はどうだろうか? 

 

youtu.be

 

宇多丸さんの「ミッドウェイ」映画評(上記YouTubeを聴いた。 

うーんレベルが違う。まずは監督ローランド・エメリッヒの経歴から

今回の作品がどのような位置づけか、何を目指したかを類推。

その上で作品の表現手法、シーンの意味付けについて評論する。

へ―そうなんだ・・・としか言えない。

 

宇多丸さんの総合評価は、

史実に対する(日米の)評価のバランスが非常に良い。

作品として全然悪くない、かなりよく出来ていると思う。

ミッドウェイ海戦入門編として観る価値は絶対にある。

そのレベルに達している。

 かなりの高評価だった。

(日本贔屓からちょっと辛口評の私はちょっと反省)

 

また、本映画の参考図書として、この本が非常に役に立ったと

紹介していた。これは時間のある時に読んでみよう。