Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

21世紀落語史 広瀬和生

2月27日の朝日新聞夕刊「一期一会」に

落語評論家・音楽雑誌編集長の広瀬和生さんが登場。

タイトルは、翻訳家の古屋美登里さんから言われた言葉

落語の本、書きなさいよ」。それが本書。

 

本日購入。読むのが楽しみ。

 

 

モナリザ・ツインズ

最近のお気に入り! モナリザ・ツインズ

リバプールを本拠地としている女性二人組ロックバンドで、

ビートルズを中心に1960年代の曲をカバーしている。

 

歌と美貌はもとより、失礼ながら

マチュアバンドっぽいナチュラルさが魅力。

 

Drive My Car(The BEATLES

 押しの強いヴォーカルと心地よいグルーヴ感がGood!。

 演奏はちょっと薄っぺらいけどノリはいい。

 


Drive My Car - MonaLisa Twins (The Beatles Cover)

 

When I'm Sixty-Four(The BEATLES

レコーディングスタジオ風のアコースティックバージョン。

二人のハーモニーが美しい。

 


When I'm Sixty-Four - MonaLisa Twins (The Beatles Cover)

 

Please Please Me(The BEATLES) 

シングルバージョンをほぼ完コピ。

 


Please Please Me - MonaLisa Twins (The Beatles Cover)

 

I Saw Her Standhing There(The BEATLES

ロックンロールもいけます。 

 


I Saw Her Standing There / cover [日本語訳付き] モナリサ ツインズ

小諸そば vs 富士そば vs ゆで太郎

週刊東洋経済が特集「外食頂上決戦」の中で

そばチェーン三国志」を語る。これが面白い。

三国とは「名代 富士そば」「小諸そば」「ゆで太郎」。

立ち食いそばチェーンは、ほとんどが未上場。小資本で

運営できるため、上場による資金調達の必要がないのだそうだ。

 

そして出店戦略の違いが非常に興味深い。

(都内の店舗数)

・「富士そば」:都心の駅前立地(109店)

・「小諸そば」:都心のオフィス街(89店)

・「ゆで太郎」:駅前から離れた場所が多い(35店)

 

本誌の中に都心における各チェーン店舗のマッピングがある。

これを見ると「小諸そば」のドミナント出店が顕著だ。

その出店エリアは、皇居周辺(東京駅、有楽町、新橋、神田、

お茶の水神保町)に見事に集中している。

私のサラリーマン時代の行動エリアとほぼ同じなので、

出店した地域での知名度を上げるとともに利用客からの信頼を高める

というドミナント出店の第一の目的を、私が最も享受している。

どうりで「小諸そば」の看板に愛着が沸くわけだ。

  

f:id:Makotsu:20200228171520p:plain

 

私は昔からの「小諸そばファン」。

濃い目のそばつゆと、揚げたてカリカリの天ぷら!

これがクセになる。

・秋・冬・春は、かき揚げそば。400円

・夏は 、冷やしたぬきそば。350円

これがテッパンです。

中でも神楽坂店の味が一番だと思っている。

おやじは接客が不器用そうだけど、

一生懸命さに好感が持てる。

 

f:id:Makotsu:20191219135946j:plain 

週刊東洋経済 2020年2/29号[雑誌](外食 頂上決戦)

週刊東洋経済 2020年2/29号[雑誌](外食 頂上決戦)

  • 発売日: 2020/02/25
  • メディア: 雑誌
 

 

 2015年に、喬太郎、白鳥、喬之輔、ニ楽による

セマイ落語研究会」という落語会に行った。

「立ち食いソバ」というセマイ(狭い)テーマで

 熱い落語が繰り広げられた・・

私の身体の一部はコロッケそばで出来ている

 と豪語する喬太郎さんは、ゆで太郎の熱烈なファン。

makotsu.hatenablog.com

 

駅そばも含めるとなると、一度は

我孫子駅弥生軒のから揚げそば」を食べてみたいな。

活弁士 坂本頼光

この前書いた「神田伯山ティービー」で

いきなりハプニング。新宿末廣亭9日目(2/20)の楽屋撮影の

音声が機材トラブルで全く録音されていなかった!

(高座の模様は別カメラなので大丈夫だった)

 

以下「2/22OA 問わず語りの神田伯山」より

9日目のゲストは「立川志らく」。志らく師匠は終始ご機嫌で

楽屋裏でも面白い話を連発・・YouTube番頭の二つ目さんも

"かなりいい画が撮れましたと興奮気味” しかし音声が撮れて

いなかった。さて、このピンチにどう対処するか・・

 

9日目のアップはやめるか・・音声無しでアップするか・・

監督やスタッフと喧々諤々協議し、出した結論が凄すぎた。

 

楽屋シーンは、活弁士”坂本頼光先生”のアテレコで!

 

f:id:Makotsu:20200224120030j:plain

 

そして一日遅れでアップされた9日目の動画がこちら。

改めて実感「神田伯山ティービー凄すぎる」

 


【密着#09】松之丞が六代目神田伯山になった日 〜機材トラブル!楽屋は坂本頼光先生のアテレコで〜【毎日更新】【神田伯山ティービィー】

 

存じ上げなかったが「活動弁士 坂本頼光」さん

これまた凄い芸だ。是非機会があれば生で観てみたい。

YouTubeにあった「お笑い サザザさん」最高!

 


お笑い 坂本頼光 『サザエさん!』

活動弁士の映画史 映画伝来からデジタルまで

活動弁士の映画史 映画伝来からデジタルまで

  • 作者:高槻真樹
  • 出版社/メーカー: アルタープレス
  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)