Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

配信 東京ポッド許可局 名古屋公演

最近、配信ずいている。

カンニング竹山単独ライブ」に始まり「東京ポッド許可局大阪公演」

「ザ・カセットテープミュージック」「山田雅人かたりの世界 太田光物語」・・

すっかり「Withコロナ」のエンタメに慣れてきた感じだ。

 

前々から書いているが、有料配信は値ごろ感さえクリアできれば

便利でおススメだ。ライブの臨場感には遠く及ばないが

売切れもないし、会場への移動もない。その点はありがたい。

 

そしてつい東京ポッド許可局の名古屋公演(10/17)も観てしまった。

アーカイブ期間が長い配信は、寝ながらタブレットちびちびと楽しむ。

 

f:id:Makotsu:20201026204426j:plain

 

大阪公演とは違う内容で、面白い。

屁理屈をエンタテインメントに!」を合言葉にする

マキタスポーツプチ鹿島サンキュータツオのコラボはクセになる。

 

この配信も毎晩寝しなにちびちびとタブレットで楽しみ。

毎回途中で寝てしまうので、結局内容は覚えていない(笑)。

 

f:id:Makotsu:20201026203007j:plain

 

この先もいくつか配信チケットを購入している。

 「ナイツ独演会 四苦八苦してカンペィが正解」(10/26)

「文春落語オンライン 柳家喬太郎ウルトラマン落語」(11/6)

 

やばいクセになりそうだ・・・

山田雅人かたりの世界「爆笑問題・太田光物語」 

10月23日(金)待ちに待った山田雅人かたりの世界

爆笑問題 太田光物語」の配信が始まった。

 

 当初は5月の上演予定だったが、コロナ禍で順延になり

この日の公演(配信のみ)となった。

企画者の高田文夫先生、本人・太田光はもちろんのこと、

太田プロ時代の同期、松村邦洋出演するという、

ビバリスト(ラジオビバリー昼ズリスナー)垂涎の公演。

 

f:id:Makotsu:20201026200636p:plain

 

あれ!?これでおしまい?

と言うのが正直な感想だった。 

 

太田光の劇的ドラマツルギーに関しては、

昨年11月に放送されたNHKファミリーヒストリー

太田光~亡き父が残した書“爆笑問題とは何ぞや”~

で語りつくされていた。(先に取られていた)

残念ながらそれ以上のストーリーは出てこなかった。

期待していただけに、そん空振り感は大きかった。

 

開口一番の松村邦洋モノマネや、高田先生、太田光

松村邦洋山田雅人トークショーもそれなりに面白かったが・・

高田先生曰く「今度、爆笑・田中のもやってくれよ」 

 

残念ながら10月26日の NHKファミリーヒストリー

爆笑問題 田中裕二~福岡小郡・田中一族の450年~」なのだ。

「かたりの世界」のライバルは、ファミリーヒストリーか・・・

こりゃ手強いな。

 

f:id:Makotsu:20201026201321p:plain

ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)

前々から気になっていた映画を観に行く(10/17)。

ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)

上映館は全国で30館強。東京でもUPLINKの2館のみ、

なかなか希少な映画だ。私はUPLINKの吉祥寺へ。

キャパ30席のスクリーンだった。

 

f:id:Makotsu:20201026184854j:plain

 

東北は一関にあるジャズの聖地「ジャズ喫茶ベイシー」。

映画はマスター菅原正二さんとジャス喫茶ベイシーの

ドキュメンタリ―。
 

菅原正二さんがカッコいい。

生き様、JAZZ仲間、お店、オーディオ、笑顔、珈琲、

煙草、ドラム・・・すべてが粋(イキ)でカッコイイ!

 

少しでも真似をしてみたい。

真似するだけでもいい気持ちになれる。

 

「ジャズというジャンルはない

 ジャズな人がいるだけだ」(菅原正二)

 

youtu.be

 

以前、一関のベイシーの前まで行ったことがある。

当時はあまり興味がなかったので店の中には入らなかった・・・

今は違う、いつか行ってみたい。

絶対に行きたい!

 

志の輔らくご 大忠臣蔵 中村仲蔵

前回の中村仲蔵(2019.5.13)の時は、赤坂まで行ったが

下肢の痛みに耐えきれず観ずに帰ってきた。

それから考えれば、今日同じ赤坂サカスで中村仲蔵

観れるのが非常に感慨深い。

どん底に近い状態からなんとかここまで来ることができた。

そんな幸せをかみしめる。様々な方のサポートにも心より感謝。

 

f:id:Makotsu:20201025194959j:plain

 

座席は1階C列25番。A列は使用していないので、

実質、舞台から2列目のど真ん中。久々にいい席だ。

座席は1席空けて座るのでかなりゆったり。 

コロナ対策の徹底か、パンフレットも、グッズ販売も

何もなかった。いつもは設置佐される花道もなかった。

あったのは感染判明時の緊急連絡先提出のみ。

これは仕方ない。落語が見れるだけでもありがたい。

 

f:id:Makotsu:20201025134811j:plain

 

やっぱり、志の輔師匠の中村仲蔵がいい。

何回聞いても魂が震える・・・

コロナ禍でなのか、今までと少し違って感じだ。

仲蔵の親方「四代目市川團十郎」の台詞が

グッと心に染み入ってきたのだ。

 

「相中の時は、オレが仲蔵を相中にしたいと言った。

 だが今回違うは、仲蔵自身が名題になるんだよ。」

「(役作りについて)だったら変えればいいんだ。

  誰も何もしやしない。だた言うだけだ」

 

赤坂ACTシアターの改装(ハリーポッター劇場へ)により、

9年間続いた「恒例:大忠臣蔵 中村仲蔵」はこれが最後に

なるそうだ。その千穐楽に立ち会えたのも幸せだった。

(そう言えば、恒例の三本締めもなかったな)

 

f:id:Makotsu:20201025134947j:plain

 

今日はコロナ禍で自分の体調を踏まえて

落語を聴くことができる喜びを噛みしめ、志の輔さんの中村仲蔵

心震えた一日だった。

 

そして客出しはいつもの曲で・・

山下達郎La vie en rose ~ バラ色の人生

 

youtu.be

第74回「~スージー鈴木の精神世界2~」

10/10 の「ザ・カセットテープ・ミュージック」は、

大好評だった(?)「スージー鈴木の精神世界」の第二弾。

「簡単にピアノが弾けちゃう!」

今回はワークショップ的な内容だったので、蘊蓄が少なく

書くこともあまりない・・・

 

f:id:Makotsu:20200908142951j:plain

 

①maj7(メジャーセブン)を弾こう

 ・「RIDE ON TIME」1980 山下達郎

   Gmaj7 → A、  Cmaj7  ソシレファ♯  

 

②m7(マイナーセブン)を弾こう

 ・「ONE DAY」1986 KUWATA 

  Am7 → Dm7 → G7 → Am7 

 

③ブルースを弾こう

 ・「Moanin’」 1958  Art Blakey & The Jazz Messengers 

 ・「In My Life」1965 The Beatles

 

④イマジンを弾こう

 ・「Imagin(イマジン)」1975 John Lennon

         C → Cmaj7 → E 

 

 Art Blakey & The Jazz Messengers - Moanin'

youtu.be

IMAGINE(Ultimate Mix,2020)-John Lennon & The Plastic Ono Band HD

youtu.be