Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

本・雑誌(既刊)

モールス信号「-..-」Thank you!

「ブルーインパルス」が型コロナウイルス感染症に対応中の 医療従事者の方々をはじめ、多くの皆様へ敬意と感謝の意を込め、 都心上空を飛行した。 ブルーインパルス! やることが粋だね~。 アベノマスクやら、特別定額給付金やら、賭けマージャンやら スト…

古今亭志ん朝 ソロバン節

伊集院光のラジオ番組で「落語家の歌うレコード特集」を やっていた。そこでかけられたのが「三代目古今亭志ん朝」が歌う 「ソロバン節」。絶品だった! 歌唱の上手さはもとより、リズム感、節回し、センス、艶・・ どれをとってもプロの歌手顔負け。さすが…

僕たちが愛した東京

特集が東京という街を懐古(?))する 「僕たちが愛した東京」 だったので購入。 昔からこの手の特集が好きだった。ただし懐古の対象は、 戦前の風情、戦後の焼け跡、1964オリンピックの喧騒、 学生運動の争乱、テント芝居・アングラ演劇の時代・・等々 自…

「久米宏ラジなん」の先見の明

「久米宏のラジオなんですけど」(通称:ラジなん)には驚いた。 現在、新型コロナ対策の最前線で戦っている二人が、昨年の3月と8月に ゲストとして番組に出演している。まるで先見の明があるかのように・・ 一人は政府の専門家会議副座長 尾身茂さん(2019…

ザ・カセットテープ・ミュージック

4/29、30とBS12(トゥエルビ)で 「ザ・カセットテープ・ミュージック」の集中放送が あったので、ガッツリと堪能した・・面白い! 「ザ・カセットテープ・ミュージック」は、 マキタスポーツとスージー鈴木が、80年代にカセッテープで 聴いていた名曲、アー…

上を向いて歩こう

今朝一番に聞いた曲は、ラジオから流れてきた 「We are the World ~USA for Africa」 この曲が発売されて30年。今、ライオネル・リッチーが中心となり 新型コロナ対策への意味を込めて、新しいバージョンを作ろうと しているらしい。それは是非実現させてほ…

神田伯山ファミリーヒストリー

今、神田伯山のファミリーヒストリーを 見終わった。いや~凄かった~。 唐津藩士、炭鉱元締め、徳富蘆花、早大文学部、直木三十五、 西條八十、春秋社、トルストイ全集、失踪・行方不明、北米で柔術興行、 コンデコマ(前田光世)、異種格闘技戦、パラグア…

チャーハン大好き

4月19日:深夜(25:30~)に文化放送の「チャーハン特番」を 聞いてしまった。チャーハンの調理音だけを2時間放送。 寝しなに「強火で中華鍋を振りながら飯を炒める音」が 延々と続く・・・結果どうなるか 「チャーハン食べたい!」 翌4月20日の「町中華で飲…

空想科学研究所KUSOLAB

「安住紳一郎の日曜天国」のゲストが空想科学研究所の 主任研究員・柳田理科雄さん。 「漫画やアニメの世界を科学的に検証する」をテーマに 研究を行っている。書籍・空想科学読本の発刊から24年。 今はYouTube「空想科学研究所KUSOLAB」での活動も 積極的に…

誰にも悟られていない芸能界の読書家

芸能界の読書家と言えば、「アメトーーク読書芸人」の 常連であるピース又吉、オアシズ光浦、カズレーザー、 東野幸治や、爆笑・太田、オードリー若林、中居正広、 蒼井優、北川景子 などが有名だが、 今日のラジオで伊集院光があげていたのは、 「誰にも悟…

大林宣彦 Once Upon a Time in 尾道

大林宣彦監督の訃報が流れる。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 私が観ている作品は「HOUSE」「金田一少年の事件簿」 「尾道三部作(転校生、時をかける少女、さびしんぼう)」 そして一連の角川映画まで。残念ながら90年代半ば以降 は観れていない。 玉…

Numberと断捨離

外出を自粛している人の多くが、断捨離をしているらしい。 スポーツライターの生島淳さんもラジオでその話をしていた。 「コロナウイルスで、続々とスポーツが中止になり、いい機会を もらったと思い、断捨離に手を付けだした。まずは膨大な書籍、 雑誌、資…

角川映画「復活の日」

角川映画「復活の日」(1980 原作:小松左京)が GYAO!で無料配信されている。 内容が細菌兵器ウイルスの蔓延というものだけに、 タイムリーな配信ではある。 この映画は高校の時に観に行った。 (以下、簡単なあらすじ) 東西冷戦期に開発された細菌兵器の…

ピークを知る男(東京メトロ)

「SWAクリエイティブツアー in横浜にぎわい座」(4/21-23)の 公演中止案内が届いた。連絡がなかったので、もしや開催できるかな? と一縷の望みを頂ていたが、緊急事態宣言ではやはり中止。 これで3月以降でNGになったチケットは下記・・ ・カンニング竹山…

そして誰も外出しなくなった。

外出自粛・・・そして誰もいなくなった。 みんなやればできるじゃないか。 (16時。スーパーへ行く途中での西八王子駅前) 東洋文庫「流行性感冒」~スペイン風邪 大流行の記憶 1918年から20年に世界中で猛威をふるった「スペイン風邪 (スペイン・インフル…

話題のワニと「るきさん」

遅ればせながら(最終回の日を過ぎてから)、 「100日後に死ぬワニ」を一気に読んだ。 切ない・・ 何気ない日常も、死という時間を意識すると 無性に愛おしくなる。そして切なくなる。 この物語を読んだ後に、 コミック「るきさん」(高野文子:作)※を思い…

江戸の間取り

この本は書店の面珍棚で見つけた。 二日間買うか迷いつつ・・購入。 正解だった。非常に面白い。 百万都市「江戸」を間取りから俯瞰する。 この切り口が非常に面白い。 江戸城、大名・旗本屋敷、奉行所、牢屋敷、商家、長屋 から芝居小屋、吉原、寺社、宿場…

蔵書整理 第四弾

前々から欲しかった家電製品(これはまた別途に)を買ったので、 それを置くスペースを確保するために蔵書整理を行った。 これらは何度も蔵書処分のセレクトを潜り抜けてきた本ばかり なので、泣く泣く処分する蔵書を選定する・・(涙) 抜き取ったのは、ざ…

別役実「メリーさんの羊」

別役実さんの訃報がと飛び込んできた。 「サミュエル・ベケットの影響を受け、 日本の不条理演劇を確立した第一人者である。」 とニュースでは称されていた。 学生時代には、別役さんの芝居をよく観に行った。 「マッチ売りの少女」「不思議の国のアリス」 …

「電撃戦」を演出した男グデーリアン

岩波新書の「独ソ戦」がロングセラーになっている。 これは戦記物というより「独ソ戦」という異様な絶滅戦争の 実態を描く衝撃の書だった。2019年7月の発売から現在まで 大型書店では平積されている。その周辺にはだいたい角川新書の 『「砂漠の狐」ロンメル…

立川志らくをいじるのは・・・

志らく妻の不倫騒動・・・ 面白おかしくネタにして大笑いしているのは 高田文夫、爆笑問題太田光、神田伯山。 この三名はイジリ倒すのが礼儀とばかりに 自らのラジオ番組で志らくを笑い倒す。 面白い人のことばっかり!: ザ・笑売じょうずたち 作者:文夫, 高…

本は不便・・

東洋経済ONLINEの記事に 衝撃を受けた。 角田陽一さんが新刊「読書をプロデュース」で 「最近の若者はなぜ本を読まなくたったか」について 若手起業家のAさんとの話で、その理由を述べている。 その理由が当たり前すぎて・・当たり前のことが ネックになって…

休校中の生徒に送ったイタリアの校長の手紙

全国の小中高の臨時休校要請に続き、2/28には北海道に 「緊急事態」宣言。新型コロナウイルスの猛威は日に日に 勢いを増し、テレビニュースを見るのが本当に嫌になる。 外国人を危険と見なし、当局間は激しい衝突。 最初の感染者をヒステリックなまでに捜索…

著者 野村克也

この日午前、伊集院光がラジオで神妙に語った。 「・・・さんのご冥福をお祈りいたします」 肝心の・・・さんが聞き取れなかった。誰の訃報だ? すぐにYahooニュースを調べるが訃報はなかった。 午後、家電店に行った際、売場のどのテレビにも 野村夫妻がよ…

二子多摩川 本屋博

1月31日と2月1日に二子玉川で開催された 「二子玉川 本屋博」に行く。 大盛況であり。風が強く寒かった。 40の個性あふれる本屋さんが一堂に会し、イベント、ワゴン販売 を繰り広げた。参加店は、「二子玉川蔦屋家電」「恵文社一乗寺店」 「双子のライオン堂…

勉強会(出版ビジネススクール)その2

先日出席した「出版ビジネススクール」のことが noteに上がっていた。書いているのは某出版社の取締役。 非常に分かりやすくまとめて頂いている。 一言でいうと 「デジタルの勝ち方を理解した大手がめざましいV字回復を遂げる」 (”電子書籍や電子雑誌といっ…

覚え違いタイトル集 福井県立図書館

福井県立図書館のサイトに「覚え違いタイトル集」がある。 問い合わせを受けた、タイトルがよくわからない、うろおぼえ。 覚え違いしやすいタイトル、著者名などがリストにされている。 どうしてもVOW的な笑いを期待してしまうが、どれも真剣に本を 探してい…

久々の勉強会(出版ビジネススクール)

約2年ぶりに勉強会に行ってみたら、今回が50年の続いた 「出版ビジネススクール」のラストセミナーだった。 知らなかった・・・テーマはラストに相応しく 「出版界これまでの50年とこれからの10年」 講師は、植村さん(専修大学)、丸島さん(新文化通信社)…

タモリ倶楽部 カブり本対決!?

1月17日のラテ欄「タモリ倶楽部 料理本出版社対決」とあった。 これは見ないと。出版社はどことどこだ・・? 最近の傾向から 「料理レシピ本大賞」の常連版元あたりではないかと予測する。 主婦の友社、扶桑社、新星出版社、マガジンハウス・・・かな ところ…

写真のなかの江戸(ユウブックス)

最近読んだ本の中では格別の面白さだった。 2018年1月刊行で出版社がユウブックス・・ 全くノーマークだった。 写真のなかの江戸 絵図と古地図で読み解く20の都市風景 作者:金行 信輔 出版社/メーカー: ユウブックス 発売日: 2018/01/16 メディア: 単行本(…