Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

本・雑誌(既刊)

鎌倉殿の13人 fin

こんなに1週間が待ち遠しい大河ドラマも久しぶりった。 1週間待っても期待を裏切らない展開に胸をワクワク ドキドキさせて。三谷幸喜の本には力があった。 複雑に針巡らされる伏線。 権謀術数が渦巻く毎回の殺し合い。 時折織り交ぜられるパロディ。(なぜか…

私たちが図書館について知っている二、三の事柄

同じ出版という括りの中にありながら、 全く別世界の感のある「図書館」。 前職の取次会社でも図書館関連の部署は、独立性が高く なかなか他の部署に人間が入れない敷居の高さがあった。 いつも読んでいる「出版状況クロニクル」の 小田光雄氏と元リブロの中…

ある朝敵、ある演説(鎌倉殿の13人)

「鎌倉殿の13人」も残すところあと二回。 今回は、「承久の乱の勃発」と「北条政子の名演説」。 ここへきてドラマが北条ファミリーの物語に回帰して しまったような気がする。伊豆の片田舎の豪族北条家が 逃亡者頼朝を匿うところから物語は始まった。 そして…

第2回 立川生志の番

12月11日「第二回 立川生志の番」(イイノホール)に行く。 今回は落語好きのOさんを誘う。会場で子寅会のTさんとも合流。 高座のメンバーは「傳志会」マイナス談春。場所も同じイイノホール。 トップは雲水さん。上方落語は正直苦手だ・・・ 志の輔さんは…

W杯 ブラジル VS クロアチア

ブラジルまでもがクロアチアに敗れた・・ それも日本と同じくPK戦で。 クロアチア 1-1 ブラジル (PK4-2) うーん、あのキーパー「ドミニク・リバコビッチ」 化け物だ! やはりPK戦は運ではないと確認。 キッカーの精度を上げるとともに、化け物GKの育成が …

W杯サッカーの風 その2 日本代表へのエール

W杯前の日本代表史のおさらい(続き) 2002年の後も熱狂は続いた。 中田や黄金世代が20代後半の円熟期を迎え、それに中村俊輔、 高原らが加わった代表チームは史上最強と言われた。 2006年ドイツ大会予選は11勝1敗の1位通過。 期待は高まったが、予選の組み…

我こそは忠臣 和田義盛の妻 巴なるぞ!

「鎌倉殿の13人」面白いな・・・ 最近は毎回、登場人物が退場(粛清、追放、引退)させられてゆく。 退場には一つ一つの物語が凝縮されており、見応えがありすぎる。 諜報人の北条義時(小栗旬)は、どんどんダークになっていく。 一体最後はどうなってしま…

龍乃都飲食街

まるでブレードランナーの世界だね。 行ってみたいな~。 新宿に「龍之都飲食街 ~新宿東口横丁」という 多国籍グルメが味わえる横丁が出来たそうな。 全17店舗は、日本、韓国、タイ、中華など。 原色のネオン、看板。猥雑な横丁感・・・ 東南アジアなのか、…

3年ぶり 神保町ブックフェスティバル

3年ぶりに神保町ブックフェスティバルが開かれるというので、 足を運んでみた。混雑が予想されるので早起きして高速を飛ばし 9:30に神保町に到着。10:00の開場を待つ。 天気もいいのでワクワク気分でテンション爆上げ。 開場と同時に駿河台下から、すずらん…

真景累ケ淵 立川志の太郎

友人のTさんに教えてもらい。 立川志の太郎さん(志の輔師匠の弟子、二つ目)の 独演会に行く。場所は北池袋「新生館シアター」 演目は、三遊亭圓朝作「真景累ヶ淵」。 牡丹燈籠と目くるめく人間関係を描いた超大作。 Tさん曰く 「志の太郎さんが昨年も演じ…

吉田正尚 サヨナラホームラン

日本シリーズ第五戦。 9回裏 吉田正尚のサヨナラ2ラン・・・鳥肌が立った。 大舞台で千両役者が見事に派手な立ち回りを演じた。 これ以上ない晴れ舞台だった。 「吉田正尚 男だ!」「カッコいい」「凄すぎる」 「背筋が震えた」「鳥肌が立った」 試合終了直…

NHKスペシャル 新・幕末史

なぜか突然NHKスペシャルで幕末もの。 グローバルな視点(列強の覇権争い)から見た 幕末の政変と戊辰戦争。タイトルが流行りの? 「シン・幕末史」。 ロシアの対馬占拠。幕府のフランス式陸軍、戊辰戦争における 列強の局外中立。プロイセンの旧幕軍支援。…

三国一の幸せ者(扶桑社文庫)

古書むしくい堂さんの100円均一で発見。 「ピエール瀧の23区23時」と合わせて購入。 「ビートたけしのオールナイトニッポン」の番組本 ”幸せシリーズ”第一弾。 単行本は1981年7月刊行。サンケイ出版。 これは2000年に扶桑社(サンケイ出版の後身)で文庫化さ…

釣り人たちー水彩画集(柴野邦彦)

釣り仲間IYさんから「ハンドクラフト展」(主催:つるや釣り具店) に行ったとLINEがあった。これは行きたい! と熱烈に思ったが開催期日は残り1日。会場は台東区浅草・・・ ちょっと行くのは厳しい。 LINEを見たもう一人の釣り仲間KYさんは、最終日に 行っ…

八王子古本まつり ・・戦争と平和・・?

毎年恒例の「八王子古本まつり」。 今年のテーマは「戦争と平和」・・なぜ? 主催者曰く「お堅いデータですが、考えるきっかけになれば・・・」 ということだそうです。戦争関連の朗読会も開催されるよう。 毎年、古本まつりは雨で寒い印象が強い。 今回は雨…

坂東武者の鑑(鎌倉殿の13人)

畠山重忠を演じる中川大志は24歳にして 大河ドラマ出演4回目(子役時代を含め)。 「真田丸(2016)」で演じた豊臣秀頼が誠に見事だった。 慶長16年(1611年)京都二条城で、豊臣秀頼と徳川家康は初めて対面した。 時に家康(69歳)、秀頼(17歳)。 秀頼は…

エリザベス女王

エリザベス2世女王が9月8日に死去された。 一つの時代が終わった・・・と感じる。 ニュース報道を見ていると、改めてエリザベス女王が20世紀から 21世紀の歴史の生き証人の一人であったことを思い知った。 エリザベス女王 史上最長・最強のイギリス君主 (中…

柄本明 最後の授業

9/6 TBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」の冒頭で 太田光は約40分にわたり8/20に放送されたNHK-BS1 最後の講義「俳優 柄本明」のことを熱く語った。 本来はスペシャルウイーク(聴取率調査週間)の番組にも関わらず かなりディープに番組、柄本明、演劇、テレビ…

能町みね子の「言い訳大賞」

「謝罪文&結婚報告文評論家」であり「言い訳評論家」の 能町みね子さんが、TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」の中で 「今週の言い訳大賞」を発表した。 これが最高に面白かった。 第三位:生稲晃子(自民党 参議院議員) ・萩生田政調会長と旧統一教…

ドラマ「アイドル」

8月は、太平洋戦争関連の番組が多くなる。 戦争記憶の風化が危惧される中、民放は一部を除き、 特集番組は、ほとんど放送されなかった。 その分、NHKが孤軍奮闘、良質な番組を提供してくれた。 この手の番組が毎年ほとんど見ているのだが、 毎年、NHKは新た…

圓朝忌 

8月11日は三遊亭圓朝の亡くなった圓朝忌。 1900年(明治33年)8月11日。享年61歳。 落語中興の祖であり天才であった。 奇しくも昨日、志の輔師匠の「牡丹燈籠」を観てきたばかりだ。 三遊亭圓朝は、一言で語ることができないほど多方面に 偉大な功績を残して…

全成の確率(鎌倉殿の13人)

「頼朝が生きている時代はプロローグにすぎない」 と放送開始当初に三谷幸喜は語っていた。 まさにその通りに頼朝の死後、梶原景時(中村獅童)が粛清され、 今週は頼朝の実弟「阿野全成(新納慎也)」が処刑された。 阿野全成の最期は見事なシーンだった。 …

ビッグアップル殺人事件

久々にKさんからメール(暑中お見舞い)が着た。。 Kさんは同じ歳で出版社のD社に勤務する。 Kさんとはお笑いの趣味が非常に合う。 メールでお互いの「お笑いグッズ・珍書籍の蔵書」自慢合戦をしたり、 「おもちゃの缶詰セット」を頂いたりと、Kさんのコレク…

1996年とバラエティー

7月30日付け朝日新聞「テレビ時評」。 「1996年とバラエティー」というタイトルが気になる。 吉田拓郎の年内引退で大きな反響を呼んだ 「LOVE LOVE あいしてる」が始まったのが1996年。 その時代とバラエティー番組について太田省一が寄稿している。 1996年…

ビル散歩

人の見た夢の話を聞くほど、つまらないものはない。 でも一席お付き合いください。 長年よく見る夢の話が2つある。 一つは、お馴染み「大学の単位が足りず卒業できない夢」 この夢は最近でこそ見ないが、40歳ごろまでは頻繁に見た。 spirituabreath.com も…

尺イワナの季節がやってきた

尺イワナの季節がやってきた。 尺イワナとは文字通り、一尺(30cm)以上のサイズのイワナで 滅多に釣れないので、釣ることが一つのステイタスであり勲章となる。 経験上、尺イワナが釣れるのは7月、8月の暑い時期が多い。 今年の尺イワナの季節だ。今週末に…

参考書を買いに(小売業DXの)

仕事で必要な本を求めて大型書店に向かう。 やはりネット書店ではなく実際に中身を見て買いたいので 在庫の豊富な書店まで車を走らせる。 約30分強で大型書店に到着。書店がどんどん無くなくなる今、 30分で多くの在庫に触れられるのだから、まずまず幸せ…

中野ブロードウェイ物語

中野ブロードウェイ物語 作者:長谷川晶一 亜紀書房 Amazon youtu.be

映画「峠 最後のサムライ」

前から観ようと思っていた映画。 原作は司馬遼太郎。ストーリーも周辺の時代も熟知しているし 大河ドラマ「花神」でも観ているので、正直そんなに期待は していなかった・・・。 しかし、いい映画に仕上がっていた。 本(原作)に力があるのはもちろんだが、…

幕末動乱と富山藩

富山城の郷土資料館に行った時に 掘り出し物を見つけてた。図録「幕末動乱と富山藩」 過去の展示の図録なのだが、幕末好きの私の好奇心を 充分に満たしてくれる”掘り出し物”だった。すぐに購入した。 この図録、幕末から維新までの富山藩の動きが克明に分か…