Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

演劇(芝居)

柄本明 最後の授業

9/6 TBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」の冒頭で 太田光は約40分にわたり8/20に放送されたNHK-BS1 最後の講義「俳優 柄本明」のことを熱く語った。 本来はスペシャルウイーク(聴取率調査週間)の番組にも関わらず かなりディープに番組、柄本明、演劇、テレビ…

XANADU(ザナドゥ)

オリビア・ニュートン=ジョンさんの訃報が流れる。 洋楽に目覚めた中学生の頃から聞いていたアーティストだ。 この人のイメージは、時代によって大きく変わった。 初期は「カントリーロード」「そよ風の誘惑」など カントリー系の素朴さが売りだった。それ…

全成の確率(鎌倉殿の13人)

「頼朝が生きている時代はプロローグにすぎない」 と放送開始当初に三谷幸喜は語っていた。 まさにその通りに頼朝の死後、梶原景時(中村獅童)が粛清され、 今週は頼朝の実弟「阿野全成(新納慎也)」が処刑された。 阿野全成の最期は見事なシーンだった。 …

朝倉摂のステージワーク

「生誕100年 朝倉摂展」を見に行って、学生時代に 高くて買えずに、大学近くの渋谷図書館で借りまくっていた 「朝倉摂のステージ・ワーク」を買いたくなった。 1981年 PARCO出版 3800円。 当然、品切で今は流通していない。 こうゆう本を探す場合、昔は古本…

荻窪・寄港地に立ち寄る

出版業界では有名な荻窪の「寄港地」に初めてお邪魔した。 マスターはKADOKAWA(角川書店)OBのEさん。 Eさんは大学の先輩でもあり、高校の先輩でもあった。 FaceBook友達の多くもこの店の常連で、私が行ったことない というのが周りから見れば不思議がられ…

葉山にて 「生誕100年 朝倉摂 展」

ようやく葉山の「朝倉摂展」に行くことができた。 行けたのは土曜日。まともに行ったら湘南・鎌倉の大渋滞に 巻き込まれるので、早朝7時過ぎに家を出て圏央道を大船まで 飛ばし鎌倉経由で葉山に9時に到着。 開場まで30分あるので葉山の海岸を散歩する。 天気…

Hello Hello Hello(おちょこの傘持つメリーポピンズ)

「ハロー ハロー ハロー ♪」 38年ぶりに花園神社にフィル・オクスの「No More Songs」 が流れた。唐組公演「おちょこの傘持つメリーポピンズ」 のオープニング・・・38年前と全く変わらない。 元々思い入れのある作品。 芝居もよかった。久保井研演じる「お…

おちょこの傘持つメリーポピンズ

唐組の2022年春の演目が 「おちょこの傘持つメリー・ポピンズ」。 この作品は私にとっても思い入れがある・・5年ぶりに 唐組のチケットを購入した。(テントは腰痛につらいので このところ遠慮していた) その間、唐組の公演演目は 「吸血姫」「黄金バット」…

絶滅危惧種俳優

コロナ陽性から5週間ぶりにナイツの塙と土屋が揃った 「ナイツのちゃきちゃき大放送」(TBSラジオ)。ゲストが 「捜査一課長」(テレビ朝日)で塙さんと共演している本田博太郎さん。 笹川刑事部長役のお茶目な演技とは裏腹に、硬派な演劇論を展開した。 な…

カンニング竹山「放送禁止2021」

2年ぶりのカンニング竹山単独ライブ「放送禁止」。 会場は竹山さん悲願の中野サンプラザ。 毎度のことながら「放送禁止ライブ」は、開演前に竹山さんと 観客が、内容を口外しない約束を結ぶ、なので内容は書かない。 う ~~~~~~~~~~~~~~~~~…

アフガン崩壊・・Fall Of Saigon

アフガニスタンでタリバンが勝利宣言。 米軍が撤退してからあっという間のことだった。 アフガニスタンという部族国家にあっては、米軍という後ろ盾の ない中央政権には、何の未練もないということなのだろう。 9.11後の介入から20年。莫大な犠牲と戦費、援…

李麗仙

「アングラの女王」という見出しで李麗仙さんの訃報が流れた。 はじめて李さんを見たのは、大河ドラマ「黄金の日日」(1978)だった。 唐十郎、李麗仙、根津甚八の状況劇場組は、日曜八時のドラマには 子ども心にも異質に映った。 1982年。大学に入学した途…

三番叟といえば

コロナ禍で多くの国民が我慢をしいられていても、 反対意見が過半数をゆうに超えても。一部の為政者は オリンピックに向けて突っ走っている。 昨日は東京パラリンピックの式典で市川海老蔵が 三番叟(さんばそう)を舞っていた。 三番叟とは、能の翁で千歳、…

若松武史の記憶

清水邦夫さんに続き、若松武史さんの訃報が・・・ やはり芝居に熱中してた頃に、大いなる刺激を受けた役者だった。 最初にを観たのは、「奴婢訓」だったか「レミング(壁抜け男)」 だったか記憶が定かではないが、強烈な存在感と色気に驚いたのを 覚えてい…

清水邦夫とラジコンブルース(桃井かおり)

清水邦夫さんの訃報が流れた。 80年代から90年代、演劇にのめり込んでいた頃に 体感した演劇人だった。 清水邦夫作・蜷川幸雄演出の「タンゴ・冬の終わりに」 のオープニングが鮮烈だった。暗転が明けて圧倒的な迫力で 迫る群衆シーン。先輩のMSさんもその中…

越境する紅テント~唐十郎の大冒険~

2/16のNHK「アナザーストーリー運命の分岐点」 「越境する紅テント~唐十郎の大冒険~」 見ながら大興奮! まさか小林薫と根津甚八の状況劇場時代の映像が見れるとは・・・ 久保井研も渋い! 登場人物も凄かった。 麿赤児、大久保鷹、不破万作、小林薫、篠原…

よみがえる明治座東京喜劇 ラジオビバリー昼ズ寄席

「志の輔PARCO」「昇太オレスタイル」に行けなかったので 今年初めての劇場は、 2月13日の高田文夫先生プロデュース 「よみがえる明治座東京喜劇&ビバリー昼ズ寄席」。 今日は「志の輔師匠」と「爆笑問題(後述)」がお目当てなので 11時からの昼の部と16時…

よみがえる明治座東京喜劇

高田文夫先生渾身のプロデュース公演。 「よみがえる明治座東京喜劇 こちとら大奥だぜ」がコロナ禍の中で 1月29日に無事に開幕した。 今回の公演は、高田先生が敬愛する「三木のり平」さんが長年喜劇を演じて きた明治座で、「のり平」さんの東京喜劇を宅間…

クドカン「俺の家のはなし」

恥ずかしながら「いだてん」以外の宮藤官九郎のドラマを 観るのは初めてだ。「池袋ウエストゲートパーク」も 「木更津キャッツアイ」「タイガー&ドラゴン」も観ていない。 あの「あまちゃん」の大波にもあらわれなかった。 そのくせ、宮藤官九郎は、演劇、…

よみがえる明治座東京喜劇 by高田文夫

このページだけが読みたくて週刊ポストを買いに行く。 いつも週刊誌はdマガジンを利用しタブレットで読んでいるが、 高田先生の連載はネット配信に載らないので・・・。 この辺は活字を愛する高田先生のポリシーなのだろう。 読みたかった内容は、いよいよ…

黒沢明生誕110周年記念作品「ミュージカル 生きる」

大学で芝居を始めた時、H.K先輩から 「黒沢明の作品は観とけよ」といわれ、名画座でかなり観たものだ。 その中でも「生きる」は特別な思いのある作品。 それを、やはりデビュー時から見続けていた宮本亜門が演出する。 もう観るしかないだろう!(値段は高い…

HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE

かっての青山ブックセンターやヴィレッジ・ヴァンガードの ように、商品でインスパイヤを受ける書店が少なくなった・・・ (最近のお気に入りは東京堂書店神田神保町店)。 今日ふらと寄った書店は、久々にインスパイヤできて嬉しかった。 その書店は「HMV&…

配信)東京ポッド許可局ジャパンツアー2020

これも動画配信を観た。 「東京ポッド許可局 ジャパンツアー2020」 9/19(土)の大坂公演の内容がアーカイブで9/26(土)の 24:00まで視聴可能だったのでのんびりと観れた。 さすが3人の局員(マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオ) ともに面白かっ…

配信)カンニング竹山「放送禁止2020」

今年のカンニング竹山「放送禁止」はコロナ禍の影響で オンライン配信での開催となった。 タブレットの画面でも、その熱量が伝わってくる凄いライブだった。 終わってからも感動の内容がジワジワと脳の中から溢れてくる。 この興奮を人に言いたい!ブログに…

別役実「メリーさんの羊」

別役実さんの訃報がと飛び込んできた。 「サミュエル・ベケットの影響を受け、 日本の不条理演劇を確立した第一人者である。」 とニュースでは称されていた。 学生時代には、別役さんの芝居をよく観に行った。 「マッチ売りの少女」「不思議の国のアリス」 …

少女仮面(シアタートラム)

少女仮面・・・ やはり紅テントで観た印象が強烈に残っている。 唐さんの芝居を劇場で観るのも、それはそれで なかなか難しい。自分の体調も悪いかったし・・ シアタートラムには初めて行った。 世田谷パブリックシアター脇、東急世田谷線三軒茶屋駅の隣、 …

成人式の記憶・・・

1月13日の成人式。 まだ成人式は15日という感覚が残るが、第二月曜日に 変わったのは1999年。もう20年たつのだ。 還暦の先輩がfacebookで自分の成人式の記憶を紐解いて いたので、真似をして30数年前の記憶を漁ってみる。 198*年1月15日。快晴。 当時の私は…

「少女仮面」(唐十郎)

ラジオで若村麻由美さんが自分の舞台を告知をしていた。 それがなんと「少女仮面」(唐十郎)だというから驚いた。 あの状況劇場の名作が帰ってくる! 演出は杉原邦生。伝説の大スター春日野八千代に若村麻由美。 地下の喫茶店「肉体」にやってくる少女貝は…

カンニング竹山単独ライブ 放送禁止 2019

新宿紀伊國屋ホールに2年ぶりの 「カンニング竹山単独ライブ 放送禁止2019」を観に行く。 今年の会場は例年と違いキャパの小さな紀伊國屋ホール。 我ながらプラチナチケットがよく取れたものだ。 私にとって紀伊國屋ホールは「つかこうへい事務所」 レジェ…

ザ・きょんスズ30(ザ・スズナリ)

ザ・スズナリで懐かしき小劇場テイストを 満喫した落語会だった。 柳家喬太郎さんの落語家生活30周年を記念した落語会 「ザ・きょんスズ30」なんと下北沢の「ザ・スズナリ」を 一か月間借り切り、ほぼ毎日の30公演(豪華ゲスト日替 わり)を行う。ラッキ…