Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

本・雑誌(新刊)

いつまでもあると思うな親とブロス

とうとう雑誌版が休刊か・・ 【Amazon.co.jp 限定】TV Bros.2020年6月号 TV Bros.総集編特大号 Amazon限定版 発売日: 2020/04/24 メディア: 雑誌

Jリーグ最強チームはどれだ!?

現時点でプロ野球もJリーグも開幕できていないので、 雑誌やテレビのスポーツニュースは、コンテンツ集めに苦労してる。 その中で登場頻度が高いのが、「歴代最強チーム」「歴代ベストナイン」 「歴代ベストイレブン」「ベストバウト」「歴代最強横綱」・・…

週刊文春スクープ 黒川検事長は・・

週刊文春のスクープ「黒革検事長の賭けマージャン」。 ・・なんとお粗末極まりない結末よ! 閣議決定での定年延長、自分勝手な法制度解釈。 そのいい加減な論理が破綻すれば、しらっと後付けで 検察庁法改正案の採決強行・・・結局、延期。 これだけ勝手気ま…

平成テレビクロニクル 全3冊

東京ニュース通信社(「TVガイド」を発行する出版社)が、 「平成テレビクロニクル」という本を刊行した。 1989年(平成元年)から2019年(平成30年)までのテレビを ドラマ、スポーツ、アニメ、出演者、番組表、紅白 等から 網羅的に捉え、平成の30年を振…

僕たちが愛した東京

特集が東京という街を懐古(?))する 「僕たちが愛した東京」 だったので購入。 昔からこの手の特集が好きだった。ただし懐古の対象は、 戦前の風情、戦後の焼け跡、1964オリンピックの喧騒、 学生運動の争乱、テント芝居・アングラ演劇の時代・・等々 自…

映画:新選組始末記

「新選組始末記」1963年 大映 監督。三隅研次、原作:子母沢寛 市川雷蔵(山崎蒸)、若山富三郎(近藤勇)、天地茂(土方歳三) 最近、春日太一「時代劇入門」を読み、時代劇映画に飢えていた。 とは言え、テレビの時代劇ドラマはちょっと違う・・・すると …

もうひとつの天皇家 伏見宮

ちくま文庫4月の新刊。(2012年講談社刊行書籍の文庫化) 以前、単行本でも読んだけれど、今は手元ないので購入する。 折しも 週刊新潮4/30号にこんな記事が掲載されていた。 「ついに動き出した「旧皇族男子」隠密復帰のシナリオ」 ここでいう旧皇族男子と…

夏野菜スペシャル・・計画

まだまだ自粛生活。ステイホーム週間・・ 家にいてもできることを探す。 「庭で夏野菜でも育ててみるか!」 ひらめくと妄想は膨らむ。 ・水曜どうでしょう「シェフ大泉夏野菜スペシャル」 ・所ジョージ世田谷ベース「畑」 のように、畑仕事ができればカッコ…

誰にも悟られていない芸能界の読書家

芸能界の読書家と言えば、「アメトーーク読書芸人」の 常連であるピース又吉、オアシズ光浦、カズレーザー、 東野幸治や、爆笑・太田、オードリー若林、中居正広、 蒼井優、北川景子 などが有名だが、 今日のラジオで伊集院光があげていたのは、 「誰にも悟…

本屋さんのこと

不要不急と判断されているのだろう・・ 緊急事態宣言による自粛で、私の生活圏にある 本屋さん がことごとく休業している。 本はある意味で「私の体の一部!」 「不急」ではあるが「不要」ではなく「必須」なのだ。 しかし、現状を顧みれば、ワガママを言っ…

Numberと断捨離

外出を自粛している人の多くが、断捨離をしているらしい。 スポーツライターの生島淳さんもラジオでその話をしていた。 「コロナウイルスで、続々とスポーツが中止になり、いい機会を もらったと思い、断捨離に手を付けだした。まずは膨大な書籍、 雑誌、資…

角川映画「復活の日」

角川映画「復活の日」(1980 原作:小松左京)が GYAO!で無料配信されている。 内容が細菌兵器ウイルスの蔓延というものだけに、 タイムリーな配信ではある。 この映画は高校の時に観に行った。 (以下、簡単なあらすじ) 東西冷戦期に開発された細菌兵器の…

東京物語

「東京は晴れたり曇ったり、それでもやっぱりこの街が好き。」 まるで現状を詩っているような、POPEYEのサブタイトル。 そうだ。その通り! コロナに負けずに挫けず頑張ろう。 東京の街を楽しめるその日まで。 東京物語というタイトルだけで、この特集に食指…

古関裕而さんに会ったことがある。

最近、世の中に古関裕而の名前が溢れ出した。 関連書籍、テレビ・ラジオでの特番・・Why? よくよく聞くと、NHK朝ドラ「エール」の主人公が 作曲家・古関裕而をモデルとしているらしい。 自慢ではないが、古関裕而さんには会ったことがる。 会ったというか・…

別冊TV Bros. 全国ラジオ特集

お馴染みとなったTV Brosのラジオ特集も第三弾? テレビ雑誌でラジオ特集というクロスネットも 売れれば良しとする逞しさの表れ。 今回は全国ラジオ特集 powered by Radiko。 この分野での爆笑問題・太田光の功績は計り知れない。 radikoエリアフリーを使い…

週刊文春WOMAN vol.5

森友に絡んだ財務省職員の遺書を 全文公開した 週刊文春2020/3/26号が完売したそうだ。 私も早々に購入した。怒りがこみ上げてきた。 その上、調査される側ながら「再調査はしません」と 言い続ける厚顔ぶりには呆れてものが言えない。 この事件は忘れては、…

江戸の間取り

この本は書店の面珍棚で見つけた。 二日間買うか迷いつつ・・購入。 正解だった。非常に面白い。 百万都市「江戸」を間取りから俯瞰する。 この切り口が非常に面白い。 江戸城、大名・旗本屋敷、奉行所、牢屋敷、商家、長屋 から芝居小屋、吉原、寺社、宿場…

読了 話すチカラ

さすがに売れている本だけあって非常に読みやすい。 どれだけ読みやすいかというと、大病院の待ち時間 (診療、会計、薬局)の間で、本書の8割が読了できた。 かといって中身がチープかというと、全くそんなことはなく 胸に刺さること内容ばかり。それが平易…

なぜ日本人MLB選手にはパ出身者が多いのか

ついに春の高校野球も中止になった。 昨今の状況を考えると甲子園だけを特別視することは 難しいだろう。野球に限らずあらゆる競技選手の 気持ちを思うと同情を禁じ得ない。 ここ2,3日のWHO動向を見ると東京オリンピックさえ 雲行きが怪しくなってきた・・…

「電撃戦」を演出した男グデーリアン

岩波新書の「独ソ戦」がロングセラーになっている。 これは戦記物というより「独ソ戦」という異様な絶滅戦争の 実態を描く衝撃の書だった。2019年7月の発売から現在まで 大型書店では平積されている。その周辺にはだいたい角川新書の 『「砂漠の狐」ロンメル…

NAS設定完了

ネットワークHDDを購入してセッティング。 これで家の「NAS(Network Attached Storage)」の設定が完了。 2台のパソコン、タブレット、スマホ、HDD、プリンターが WIFIで結ばれ、操作性、可動性が飛躍的に向上した。 次はテレビ、DVD、Blue-rayレコーダー…

今日のラジオから・・

今日(3/6)のラジオから大きな話題を2つ。 (と言っても私にとってのだけれど) その1)高田文夫先生 1週間ぶりに復帰 突然”春休み”と称して「ラジオビバリー昼ズ」を1週間休んでいた 高田先生が、この日番組に復帰。休みについて何の説明もなかったので…

市川紗椰「鉄道について話した」

「たまむすび」のゲストは「市川紗椰」。 ファッションモデル・タレントでありながら ディープでマニアックな趣味を持つことで知られている。 その守備範囲は、読書、鉄道、相撲、ロック、アニメと多彩。 まさに「女タモリ」「女みうらじゅん」・・ 「タモリ…

本は不便・・

東洋経済ONLINEの記事に 衝撃を受けた。 角田陽一さんが新刊「読書をプロデュース」で 「最近の若者はなぜ本を読まなくたったか」について 若手起業家のAさんとの話で、その理由を述べている。 その理由が当たり前すぎて・・当たり前のことが ネックになって…

21世紀落語史 広瀬和生

2月27日の朝日新聞夕刊「一期一会」に 落語評論家・音楽雑誌BURRN!編集長の広瀬和生さんが登場。 タイトルは、翻訳家の古屋美登里さんから 広瀬さんが言われた言葉 「落語の本、書きなさいよ」。それが本書。 本日購入。読むのが楽しみ。 21世紀落語史 すべ…

小諸そば vs 富士そば vs ゆで太郎

週刊東洋経済が特集「外食頂上決戦」の中で 「そばチェーン三国志」を語る。これが面白い。 三国とは「名代 富士そば」「小諸そば」「ゆで太郎」。 立ち食いそばチェーンは、ほとんどが未上場。小資本で 運営できるため、上場による資金調達の必要がないのだ…

活弁士 坂本頼光

この前書いた「神田伯山ティービー」で いきなりハプニング。新宿末廣亭9日目(2/20)の楽屋撮影の 音声が機材トラブルで全く録音されていなかった! (高座の模様は別カメラなので大丈夫だった) 以下「2/22OA 問わず語りの神田伯山」より 9日目のゲストは…

話すチカラ(齋藤孝、安住紳一郎 共著)

発売前から重版が決まったそうだ。 内容の五分の一はラジオ番組「日曜天国」のことが 書かれているらしい。買わなくては! 今日の「安住紳一郎の日曜天国」では、 読者プレゼントの冊数がなんと100冊。 「賞金は3000円」「書籍を3冊プレゼント」なんていう …

柳家小三治サイン色紙

寄席ネタが続きます・・ 私は「三鷹市芸術文化センター友の会MARCL」の 会員になっている。三鷹市で開催される人気落語家の チケットが優先予約できるのだ。三鷹では毎年、 小三治、志の輔、昇太、喬太郎、志らく、一之輔など なかなかの独演会、一門会が開…

マンションポエム 第四弾

2/9の「安住紳一郎 日曜天国」に写真家の大山顕さんがゲスト出演。 恒例の「マンションポエム 第四弾」を語る。 マンションポエムとは、分譲マンションなどについている 広告コピー。ポエムとしか言いようのない、マンション自体の スペックを説明するよりは…