Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

展覧会・イベント

中川五郎納涼ライブ with YO-EN

音楽は「歌詞」なのか「メロディー」なのか? 永遠の論争とも言われるが、私は断然メロディーだ(だった?)。 もともと洋楽から入りブリティッシュロック、ギター、バンドという 音楽遍歴を持つ私は、メロディーであり、リズムであり、リフだ。 学生時代に…

たまむすび IN 武道館 ~10年の実り大収穫祭!

TBSラジオ「たまむすび」10周年記念イベント 「たまむすび IN 武道館 ~10年の実り大収穫祭!」 のポスターが発表された。 大収穫祭! 米俵を担ぐ赤江珠緒。 赤江さんのウェダー姿が見事に似合っている!(笑) チケットの先行発売は7/7(木)13時から。 絶…

葉山にて 「生誕100年 朝倉摂 展」

ようやく葉山の「朝倉摂展」に行くことができた。 行けたのは土曜日。まともに行ったら湘南・鎌倉の大渋滞に 巻き込まれるので、早朝7時過ぎに家を出て圏央道を大船まで 飛ばし鎌倉経由で葉山に9時に到着。 開場まで30分あるので葉山の海岸を散歩する。 天気…

あっぱれ!明治座名人芸

高田文夫先生がまた明治座でイベントを仕掛ける。 「あっぱれ!明治座名人芸」(8/19~8/21) 落語、漫才、講談、ラジオと高田先生チョイスの名人は、 珠玉のラインナップ。特に漫才(関東漫才)は! 早速チケットを予約した。もちろん予約したのは、8/20の …

タブレット純リサイタル 

高田文夫先生、ラジオ繋がりで 「タブレット純リサイタル デビュー20周年記念公演」 (中野ZERO小ホール)へ行ってみた。 開場前に集う客層を見て違和感を抱いた。 おばさんばっかりだ。それも応援グッズを持ってたりする。 ・・・ちょっと嫌な予感。 リサイ…

八王子古本まつり 2022春

仕事帰りに八王子駅に歩いていると、放射線通りで 「八王子古本まつり」が開催されていた。 なんだかんだ言って嫌いではないので、200メートルの 歩行者天国に連なる古書店のテントを見て回る。 今年のテーマは「やっぱり江戸が好き」らしい。 なぜこのテー…

爆生!!お笑い i n 八王子~覚〇剤スペシャル~

八王子にお笑いライブがやってきた。 お笑いライブ=芸人の言う”営業” っていうやつだ。 普段は見向きもしないが、なんと爆笑問題とナイツが メンバーに入っているので、チケットを購入して観に行く。 正直、ちょっとビックリするほどの豪華メンバー。 吉本…

「たまむすび」番組10周年記念イベント at日本武道館

今日「たまむすび」10周年記念イベントが発表された。 開催:2022年9月21日(水)夜 会場:日本武道館 武道館を抑えたか~! やったな~! これは盛り上がるぞ。 私は万難を排して参加するぞ。 もちろんチケットが取れればだけど。 こりゃプラチナチケットは…

交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」

昨年の11月に続き親友の娘さんの定期演奏会。 今回の会場は「武蔵野市民文化会館」。なかなか立派な会場。 久しぶりに親友のお兄さん(一緒のバンドのボーカルだった)に 再開。おそらく10年ぶりか。 今回の演目は私でも知っているメジャーな曲ばかりで非常…

Y0-EN 唄会 黄昏に恋して 13

昨年秋のライブは母親の入院で来れなかったので 約1年ぶりの「YO-EN唄会」。今回もしびれる歌声だった。 なんだろう、例えようもない唯一無二の唄声がYO-ENさんだ。 (別に例える必要はないんだけれど) 今回の第一部は、オリジナル曲のみ。 脳みそに心地よ…

浅川の鯉のぼり

GWが近くなるとウォーキングコースの浅川に 無数の鯉のぼりが出現する。今年もその時期がやってきた。 以前は桜の時期(4月初旬)から鯉のぼりが泳ぎだし、 桜と鯉のぼりが両方見れたのだが、最近は鯉のぼりの出現が GW前になったので、片方ずつしか見ること…

コケット画報、人間画法

「デリシャスウィートス」ライブのお土産に購入したのが カタログ本「おめでとう創刊号 ”デリシャスウィートスのコケット画報”」(2005年) チャーマァさん曰く「デリシャスの活動を気に入ってくれた 編集者が、本を出しましょうよ!と言ってくれて出した本…

デリシャスウィートス at GALLERY BIBLIO

念願かなって「デリシャスウィートス」のライブを初体験。 思っていた通り、私のストライクゾーンど真ん中だった。 「デリシャスウィートス」は、バンドの生演奏に合わせて 唄、踊り、寸劇、奇術など様々な要素が詰まったショーを繰り広げる 雑芸レビュー団…

本屋さん、あつまる。~春~

渋谷PAROCO劇場となりの「ほぼ日曜日」で開催中の 「本屋さん、あつまる。」に行ってきた。(「志の輔らくご」のついでに) 各書店が厳選した本を「ブース書店」「本棚書店」という形で 展示販売するイベント。参加しているのは下記。 (ブース書店:テーブ…

M1グランプリ、天皇杯決勝

昼過ぎにS先輩からLINEが入る。 新国立競技場で天皇杯決勝を見ているとのこと。 久々の満席、盛り上がっているようだ。 私は爆笑問題の日曜サンデー(TBEラジオ)の 年末恒例「珍プレー好プレー大賞2021」を聞きながら 天皇杯をテレビ観戦。いい試合だった!…

伊能忠敬記念館

2011年に志の輔らくご「大河への道」を見た時から 一度は足を運ばねばと考えていた、香取市の「伊能忠敬記念館」に 念願かない行くことができた。 志の輔さんの創作落語「伊能忠敬物語~大河への道」は、 私の好きな落語ベスト3に入る。(他は「中村仲蔵」…

東京農大農友会管弦楽団 定期演奏会

親友の娘さんの定期演奏会にお邪魔する。 「東京農業大学農友会管弦楽団」 娘さんは大学一年生。コロナ禍での学生生活、部活動は本当に 大変なのだろうと同情する。なんとか定期演奏会が開けて 何よりだ。ただ開催もネットでの事前予約、規制入場、検温、 入…

昇太さんとブルースカイさんSP

ビックバンドジャズと落語(春風亭昇太)と小泉今日子 ”IT's 昭和TIME"と銘打った不思議なライブ。 「スインギー奥田とザ・ブルースカイオーケストラ」のビッグバンド をメインに昇太師匠の落語、キョンキョンの歌で昭和を楽しむという ライブ・・・というよ…

カンニング竹山「放送禁止2021」

2年ぶりのカンニング竹山単独ライブ「放送禁止」。 会場は竹山さん悲願の中野サンプラザ。 毎度のことながら「放送禁止ライブ」は、開演前に竹山さんと 観客が、内容を口外しない約束を結ぶ、なので内容は書かない。 う ~~~~~~~~~~~~~~~~~…

プチ鹿島&春日太一の気ままに昭和トーク6

プチ鹿島さんと春日太一さんが定期的に配信する トークライブ「気ままに昭和トーク」 今回もテッパンのオヤジジャーナルが三時間さく裂。 第6回目(9/14)の主なテーマは ・政局史、自民党派閥抗争史 ・衆議院議員選挙の見どころ ・昭和、広島カープ史 ・プ…

小橋賢児と小橋建太

パラリンピック閉会式の演出家は・・ 「すわ! 四天王プロレス。GHCヘビー級絶対王者!」 と勘違いしたのは私だけではなかった・・・ 前職の先輩が早々に間違いをFacebookで自白していた。 似て非なる者・・・小橋賢児 と 小橋健太。 小橋建太 2005年7月18日…

森田芳光 70祭

ラジオビバリー昼ズのゲストが伊藤克信。 伊藤克信と言えば森田芳光監督のデビュー作 「の・ようなもの」(それ以外の伊藤克信をはよく知らない) 出演は、森田芳光生誕70周年記念プロジェクト 「森田芳光 70祭」の告知だった。 森田芳光映画は、年代的にも…

おもしろ同人誌バザール(東急ハンズ池袋店)

10月31日で閉店の東急ハンズ池袋店でおもしろいイベントが。 「おもしろ同人誌バザール in 東急ハンズ池袋店」(8/20~9/12) ここでいう同人誌はコミックマーケット(コミケ)で有名な 「コミック」や「ゲーム」関連の同人誌ではなく、「情報系同人誌」 と…

YO-EN 浅川マキを弾き語る

ギャラリービブリオ恒例のYO-ENライブ(8/8)に行く。 今回は、いつもの唄会と違い 「YO-EN 浅川マキを弾き語る」と題した トリビュートライブだった。 いつものライブとは違った意味で痺れた・・それもかなり痺れた! 浅川マキさんのことは、リアルタイムで…

水曜どうでしょう リアルキャラバン中止・・

やはり今年の「リアルキャラバン」は中止と発表された。 リアルキャラバンの正式名称は、 水曜どうでしょう「どうでしょうキャラバン」。 毎年夏に、水曜どうでしょうが各地を巡回する野外イベント。 (ヒゲ、うれしーが主役。大泉さん、ミスターは来ない) …

映画「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」

友人のKさんから強力に勧められた映画「ザ・ファブル」。 Kさんは元役者なので演劇・映画についての眼力は黒帯!。 まず、ハズレはない。そのKさんを何度も映画館に足を運ばせる 「ザ・ファブル」とは・・・ Kさんからのメッセージは 「必ず1をAmazon P…

五輪開会式”崩壊"・・全内幕

アスリートの活躍に感動の日々だが、 政府、政治家、東京都、五輪組織委員会の闇は 忘れずに追求していかなくてはならない。 そんな中で明日発売の週刊文春の記事 「五輪開会式”崩壊”全内幕」 開会式に至るドタバタ・・・ やはりこうゆうことだったのか。 醜…

安西水丸展(世田谷文学館) 

楽しみにしていた「安西水丸展」(世田谷文学館)に行く。 行って思った。「あと2回は来よう!」。 安西水丸さんは大好きなイラストレーターだった。(2014年没) 世代的には、ガロ、ビックリハウス系から入り、職業柄では多くの 本の装丁(特に村上春樹)…

昭和から平成へ~東京タイムスリップツアー

前々から楽しみにしていた写真集の刊行イベント に参加する。 下北沢の本屋B&Bで開催された配信イベント 「昭和から平成へ~東京タイムスリップツアー」 イベントは、著者(?)の写真家「善本喜一郎」さんと写真評論家 「飯沢耕太郎」さんのトークショー形…

YO-EN 唄会 黄昏に恋して 11

ギャラリー・ビブリオ恒例「YO-EN唄会」に行ってきました。 この唄会も4回目の参加となるが、回数を追うごとに魅せられる 度合いがどんどん深くなっていく。終わった瞬間に「次回が待ち遠しくなる」 というライブもなかなかお目にかかれない。 第一部は、オ…