Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

落語・講談・演芸

立川志の輔独演会 練馬文化センター

今日は 仕事と終わりで志の輔さんの独演会に。 練馬文化センター大ホール、キャパ1400人。 客席は間隔を空けずに満席・・いつ以来だろう。 両サイドの空席に慣れてしまったいるので、久々の満席は 正直窮屈だ(笑)。 志の輔師匠も久々の満席の光景に、マク…

創作落語「いし」柳家喬太郎

今日はコロナワクチン接種2回目の申し込み開始日。 朝9:00からパソコン、携帯、固定、タブレットを駆使して 結局、今(19:00)になっても繋がらない=予約できない。 疲れた・・・本当に疲れた。ヘトヘトだ。 休日が丸一日潰れてしまった。この後どうすれ…

神田伯山先生 初体験

ついに「日本一チケットの取れない講談師」神田伯山先生を 体感することができた。(落語は師匠、講談は先生と呼ぶ) TBSラジオ「問わず語りの松之丞」を番組開始(2017年)から 聴いていた身にとっては、ついに・・・と感慨深いものがある。 が・・が・・・…

三遊亭王楽 芸歴20周年記念独演会

三遊亭王楽さんの20周年記念独演会に行ってきた。王楽さんは 好楽さん(笑点のピンク色)の長男で、先代の三遊亭圓楽の最後の弟子。 20周年記念独演会は、池袋の東京芸術劇場シアターウエストで7日間連続で 開催される。日替わりでゲストが登場するが、その…

立川志の輔一門会

最近は志の輔さんの落語会しか行ってない。 コロナ禍でリスクも承知で行くのだから、絶対に楽しみたい。 志の輔さんに期待を裏切られたことは一度もない。 いつも期待以上の笑いと幸せをもらって帰ってくる。 今日は「立川志の輔一門会」(府中芸術の森劇場…

立川志の輔 薫風独演会

緊急事態宣言が延長された中で、志の輔さんの落語に行った。 初日の11日は中止だったが、12日から14日までは開演となった。 最後まで迷った開催判断だったようだ。 見に行くこちらも会場(東京国際フォーラム)まで車で行き、 地下駐車場(これが意外に安い…

三遊亭円楽・伊集院光 二人会

6代目三遊亭円楽と弟子:伊集院光の二人会・・親子会。 超超プラチナチケットになるのは必然だった。秒殺で完売だった。 ワンクリックしている間にSOLD OUTだった。※ 伊集院光は、高校を中退し円楽に弟子入りし三遊亭落大(らくだい)を 名乗っていた。しか…

クイズ!脳ベルSHOW

4/17のナイツのチャキチャキ大放送(TBSラジオ)のゲストが 「ますだおかだ」の岡田圭介。岡田がMCを務める「クイズ!脳SHOW」 の話がメチャメチャ面白かった! ちなみにこの番組のコンセプトは、きわめて真面目。 衰えていく脳に警鐘を鳴らす、脳活性化バラ…

「大人のハッピーセット」

版元D社のKさんが送ってくれた「大人のハッピーセット」。 Kさんの蔵書の中から私の嗜好に会った本、雑誌、DVDを 詰め合わせにしてプレゼントしてくれた。 落語、演芸、お笑い、釣り、音楽、プロレス・・・ それも入手の難しいレア本が多い。 嬉しいな~。 1…

春風亭昇吉

4/7の春風亭昇太のラジオビバリー昼ズの ゲストが 二番弟子の春風亭昇吉だった。いくら今年真打昇進とはいえ 師匠の番組のゲストに弟子が出演するなんて・・・ 番組を聞いて軽い衝撃を覚えた。 こいつはただ者じゃない・・・ 昇吉の落語は聞いたことはないが…

配信「第三回 オール日芸寄席」

2月23日(火・祝)に行われた高田文夫先生主催の 日大芸術学部出身の噺家のみによる落語会 「第三回オール日芸寄席、おっ天下の日大時」の 有料配信が3/6より解禁となった。これは本当に行きたかった のだがチケットは即完売。なんとか配信のチケットを購入…

よみがえる明治座東京喜劇 ラジオビバリー昼ズ寄席

「志の輔PARCO」「昇太オレスタイル」に行けなかったので 今年初めての劇場は、 2月13日の高田文夫先生プロデュース 「よみがえる明治座東京喜劇&ビバリー昼ズ寄席」。 今日は「志の輔師匠」と「爆笑問題(後述)」がお目当てなので 11時からの昼の部と16時…

春風亭昇太独演会 オレスタイル 2021 行けず

あっという間に1月も過ぎ、明日からはもう2月。 コロナ禍の日常は何もしないうちに時間が過ぎてゆく。 春風亭昇太独演会「オレスタイル」(本多劇場)のチケットを 持っていたのだが、結局行かなかった(行けなかった)。 コロナのせいもあったが、いろいろ…

配信:漫才サミット 国立劇場小劇場

私の大好きな漫才コンビの一位と二位の サンドウィッチマン、とナイツに中川家を加えた三組で 各地を回る公演を行ったいる。 その名も「漫才サミット」(自称)。 「サミット?誰が言うとんねん?」とツッコみたくなるが このメンツをよくよく観れば‥すごい …

東京ポッド許可局 ジャパンツアー2020 東京公演

TBSラジオ「東京ポッド許可局」のツアーと東京公演をLIVE配信で 見るつもりだったが、やっぱりアーカイブがないと見れない・・・ LIVE配信は1月9日だったけれど、当日だけで観るのはもったいない。 アーカイブで10日から2~3日かけてゆっくり観る。 名古屋…

謹賀新年 2021

新年明けましておめでとうございます。本年も拙いブログですがお付き合いの程、よろしくお願いいたします。 昨年はコロナ禍で生活が大きく変わりました。 もしかしたら、今後はこれを当たり前として生活しなければ ならないのかもしれません。コロナに立ち向…

小松政夫とタモリ

なんだか訃報ばかり続く・・・ 今度は小松政夫さんだ。 第一報を聞いた時、盟友「伊東四朗さん」の事が気になった。 伊東さんは「呆然とした」「戦友でした」とインタビューに答た。たべ 12/12のラジオ生放送では、小松さんの想い出を語りながら、 気丈に明…

志の輔PARCOは「大河への道」

来年1月の志の輔PARCOが発表になった。 伊能図完成200年記念「大河への道」だった。 これは嬉しい!。 何度もブログに書いているが、 志の輔さんの落語、いや落語全体を含めて最も好きな演目が 「中村仲蔵」と「大河への道」。それが再びPARCOで観れる。 そ…

上方と江戸の違い感じる一日

我慢の三連休の中日。暖かくていい天気だ。 遠出はできなくても、やること見ることが沢山ある一日だ。 午前中はウォーキング。 14:00からZoomで「童心社寄席」。そして 「大相撲千秋楽」「麒麟が来る」「日本シリーズ第2戦」「ザ・カセット テープミュージ…

配信)伊東四朗トークライブ

伊東四朗トークライブ「あたシ・シストリー」(11/10・11 :北沢タウンホール)のゲストがなかなか魅力的だ。 11月10日(火) 14:00 :春風亭昇太 11月10日(火) 18:00 :ナイツ 11月11日(水) 13:00 :戸田恵子、ラサール石井 11月11日(水) 16:30 :三宅裕司 有…

よみがえる明治座東京喜劇 by高田文夫

このページだけが読みたくて週刊ポストを買いに行く。 いつも週刊誌はdマガジンを利用しタブレットで読んでいるが、 高田先生の連載はネット配信に載らないので・・・。 この辺は活字を愛する高田先生のポリシーなのだろう。 読みたかった内容は、いよいよ…

配信:柳家喬太郎ウルトラマン落語

11月6日に文春落語オンラインの 「柳家喬太郎ウルトラマン落語」の配信を見る。 ウルトラマン落語とは? 大のウルトラマン・マニアである柳家喬太郎が 手掛けるウルトラマンを題材にした新作落語。 これが面白い! 面白さを説明するのが難しので、 こちらを…

立川志の輔独演会 相模大野

久しぶりに大満足の落語会だった。 コロナ禍以前ってこんな感じだったな~。 例年は1日の公演を、今年はキャパ(1800人)を半分にし 2日間に分けて開催。志の輔さんの最近の口癖 「ボーとした満員より、緊張感のある半分がいいですね」 を今日もお見舞いされ…

志の輔らくご 大忠臣蔵 中村仲蔵

前回の中村仲蔵(2019.5.13)の時は、赤坂まで行ったが 下肢の痛みに耐えきれず観ずに帰ってきた。 それから考えれば、今日同じ赤坂サカスで中村仲蔵を 観れるのが非常に感慨深い。 どん底に近い状態からなんとかここまで来ることができた。 そんな幸せをか…

志の輔独演会 関内ホール

先週に続き立川志の輔師匠の落語会に 。 今回は関内ホールでの独演会(10/8,9 二日間)。 最初に志の麿さん、志のぽんさんが登場。 その後に志の輔師匠が登場。 「1,000人の会場をコロナ対策で、昨日今日の2日間に分けて 開催す。今日(10/9)の為に昨日(1…

立川志の輔一門 ふきよせの会

立川志の輔一門会「ふきよせの会」に行った。 場所は、三軒茶屋の昭和女子大人見記念講堂。落語会へ行くのは 志の輔PARCOの千穐楽(2/20)以来なので8か月ぶりか・・・ ずいぶんご無沙汰したものだ。 会場のコロナ対策は厳重。 入場時には体温検査、マスク着…

水曜どうでしょう エアキャラバン

2年ぶりの「水曜どうでしょうキャラバン」。 今年あたりは体調を鑑みつつ行ってみたいな~。 と考えていたが、やはりコロナ禍で・・残念。 しかし、そこは歴戦の「水曜どうでしょう」。 無観客でWEB上での開催。それも無料配信!と発表された。 その名も「…

これやこの サンキュータツオ随筆集

永六輔さんはこんなことを言ってました。 人間は二度死にます。 一度目は、その肉体が生命を終えた時。 二度目は、その方のことを覚えてる人が 一人もいなくなった時。 これやこの サンキュータツオ随筆集 (角川学芸出版単行本) 作者:サンキュータツオ 発売…

落語の本で笑おう!

本の雑誌8月号の特集は「落語の本で笑おう!」 。 「やはり落語は生で見聞きするものだから、 読んでも笑えるもんじゃない・・」 という私の気持ちを見透かすように、 冒頭の対談(堀井健一郎VS杉江松恋)のタイトルが 「落語と花火は生で見たい!」だった。…

神田伯山、高田文夫特別対談

こんな貴重な対談が 無料で観れるんだから YouTube「神田伯山ティービー」は本当にありがたい。 6月30日(火)の紀伊國屋ホール「神田伯山独演会」での 高田文夫と神田伯山の対談(トーク)。題して 「高田文夫先生に聞く新宿と寄席の思い出」 齢72にしてこ…