Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

落語・講談・演芸

当日券奮闘記

志の輔らくご in PARCO 2023

今日のビバリー昼ズは必聴

最後に談志を見た夜

いまも談志の夢をみる ~落語立川流、家元と顧問の五十年~ 作者:吉川 潮 光文社 Amazon

横浜にぎわい座「クライマックス寄席」

2022年の大晦日。 今年一年、あっという間だった。 お蔭様で無事(?)に締めくくれそうだ。 感謝。感謝。感謝。 しかしここにきて 喉の痛みと咳が、カラダのだるさが一週間続き なかなかシンドイ年末になっている。 大晦日の今日もなかなか忙しい。 昨日の…

ショウ・マスト・ゴー・オン(作・演出:三谷幸喜)

いい本(脚本)といい役者が揃い、 それに名演出家が加わると こんなに楽しい舞台が出来上がるのか・・・ 初めての三谷芝居。 なんて面白いんだ・・・すごくいい刺激を受けた。 久しぶりにクリエイティブ心をくすぐられた。 三谷幸喜はこの作品 「ショウ・マ…

SWAクリエイティブツアー「秘密」

12月12日(月)SWAクリエイティブツアー「秘密」 18:00開園 有楽町よみうりホール 最近はシアタートップス(新宿。キャパ 155)での公演が多く、 全くチケットが取れないSWA。 SWA(創作話芸アソシエーション:昇太、白鳥、喬太郎、彦いち) 今回はよみうり…

第2回 立川生志の番

12月11日「第二回 立川生志の番」(イイノホール)に行く。 今回は落語好きのOさんを誘う。会場で子寅会のTさんとも合流。 高座のメンバーは「傳志会」マイナス談春。場所も同じイイノホール。 トップは雲水さん。上方落語は正直苦手だ・・・ 志の輔さんは…

立川志の春 真打昇進披露落語会

志の輔師匠の三番弟子「立川志の春」さんの 真打昇進披露落語会。12/3 有楽町朝日ホール。 志の春さんは2020年4月に真打に昇進。 さあ全国でお披露目興行という段にコロナ禍が始まり 真打披露が出来ないでいた。 ここでようやく2年間待った真打披露落語会と…

I’ M A SHOW 杮落し「志の輔らくご」 

いい劇場だ。 昔のPARCO劇場を彷彿させる雰囲気に好感。 東京にまた新しい劇場が出来た。 有楽町マリオン(ルミネ別館)の7F。劇場名は 「I’ M A SHOW」と書いて「逢いましょう」 音楽ライブ中心のハコのようだ。 12月1日 正真正銘の初日「杮落し」 劇場内…

ナイツ独演会 それだけでもウキウキします

今年のナイツ独演会(全国ツアー)の東京凱旋公演。 11月27日(日)有楽町よみうりホール 何度も言ってますが、私が好きな漫才師は 一にサンド、二にナイツ。三、四がなくて、五に博多華丸大吉。 ナイツ独演会は、4年連続で見に来ている。 安定・円熟の漫才…

立川談志追善公演 談志まつり2022

しまった・・・ラジオビバリー昼ズのゲストに 志の輔師匠が出ている。録音するの忘れた。 そうか今日は、談志師匠の命日(2011年11月21日)だ。 よみうりホールで行われる立川談志追善公演「談志まつり」 の番宣らしい。志の輔さんが番宣に出るもの珍しい。 …

文字助のはなし

落語好きの友人の話から薦められこの本を購入。 すさまじい落語家の生涯を読了した。 主人公は4代目 桂文字助。 落語立川流の惣領弟子(他の師匠からなので、プロパーでは土橋亭里う馬) で、笑点の初代座布団運び(二代目は毒蝮三大夫)。酒癖の悪さ有名。 …

笑福亭鶴瓶 落語会

笑福亭鶴瓶の落語会に行く。 トークライブ「鶴瓶噺」に行ったことはあるが、 落語の独演会は初体験。 なんだろう?「志の輔らくご in PARCO」に 似ていると思った。志の輔さんと鶴瓶さんは落語も 芸風もトークも全然別物なのだが、お客さんを 全力で楽しませ…

歌妖曲 ~中川大志之丞変化~

友人のTさんに誘われて明治座へ。 中川大志座長公演(?)「歌妖曲~中川大志之丞変化」を観た! 経緯はいろいろあって話せないが、平日の明治座、それも17:00 開演と言うなかなか行きづらい時間帯だ。 若干24歳。鎌倉殿の13人で「坂東武士の鑑」畠山重忠を…

千住落語会 立川志の輔独演会

足立区制90周年記念特別公演と冠のついた 立川志の輔独演会。なんとかチケットが2枚取れたので、 北千住に住む高校時代の親友を誘う。 彼は映画「大河への道」にいたく感動していたので 反応に期待が持てる。 親友は落語ほぼ初体験。志の輔さんはもちろん初…

真景累ケ淵 立川志の太郎

友人のTさんに教えてもらい。 立川志の太郎さん(志の輔師匠の弟子、二つ目)の 独演会に行く。場所は北池袋「新生館シアター」 演目は、三遊亭圓朝作「真景累ヶ淵」。 牡丹燈籠と目くるめく人間関係を描いた超大作。 Tさん曰く 「志の太郎さんが昨年も演じ…

有楽町で I’ M A SHOW

東京有楽町に新しい劇場が出来る。 場所は有楽町マリオンの別館7F、その名も 「I’M A SHOW」(アイマショウ)と書いて「逢いましょう」。 クリエイティブディレクターとして箭内道彦さんが参加する。 キャパは392席と小さめ、杮落しは12月1日。 東京に新しい…

落語の凄さ 橘蓮二(PHP新書)

演芸写真家の橘蓮二さんが五人の落語家 (春風亭昇太、春風亭一之輔、笑福亭鶴瓶、桂宮地、 立川志の輔)と本音で語る1冊。 橘蓮二さんの写真は大好きだ。背景が黒一色というのも いいのだが、表情が本当にいい。穏やかなのだ。 写真の感覚で読み始めると、…

ナカハチ・オン・タイム 11/16 SOLD OUT

東京ボーズの仲八郎師匠が、北区王子の「北とぴあ」で 定期的に開催している演芸会「ナカハチ・ライブ」(平日開催)。 何度か足を運んだことがあるが、いつのまにか タイトルが「ナカハチ・オン・タイム」となって11月の会は もの凄いゲストになっていた。 …

立川志の輔一門 ふきよせの会

直前までラジオでチケットの広告が流れていたので、 お客さんの入を心配していたが、何の事はない。 平日の昼間に、キャパ2000人のホールがほぼ満員だった。 さすが「立川志の輔」! 「立川志の輔 一門会 ふきよせの会」 会場は三軒茶屋の「昭和女子大学人見…

伊集院光・深夜の馬鹿力

radikoで昨晩の「JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力」を聞く。 師匠「6代目三遊亭円楽」の訃報を受けて最初の生放送。 番組開始時は明るく飛ばしてきたが、途中で 「どうしようか。師匠死んじゃったよ」 と語り始めた。 「頭が真っ白になっちゃって・・・」 頭の整…

6代目 円楽さん

6代目三遊亭円楽師匠の訃報が流れる。 8月に国立演芸場で高座復帰を果たした ばかりだったので、驚いた。 私は笑点以外の高座を、ほとんど見たことがなかった。 博多天神落語祭りを仕掛けるなど、プロモーターとしても 各方面で活躍していた。 高田文夫先生…

サンドウィッチマン ライブツアー 2022

長かった・・・ 心構えはできていたつもりだったが、想像以上だった。 5本のネタで約3時間! それも休憩なし。 こんなライブ他にない。 でも1200人の観客全員が大笑いし、幸せな気分で帰途についた。 長時間座り続けて、皆お尻が痛いはずだが、 みんな満面の…

あっぱれ!明治座名人芸

高田文夫プロデュース(?)の 「あっぱれ!明治座名人芸」を観にに行く。 明治座という場所にこれだけの芸人をブッキングできるのは 高田先生しかいない。どれも魅力的な興行でどれに行くか 迷ったが、「漫才協会ドラフト会議」をチョイスした。 ・8/19「神…

圓朝忌 

8月11日は三遊亭圓朝の亡くなった圓朝忌。 1900年(明治33年)8月11日。享年61歳。 落語中興の祖であり天才であった。 奇しくも昨日、志の輔師匠の「牡丹燈籠」を観てきたばかりだ。 三遊亭圓朝は、一言で語ることができないほど多方面に 偉大な功績を残して…

恒例 牡丹燈籠(志の輔らくご)

1年振りの下北沢本多劇場「恒例 牡丹燈籠」 今回は「志の輔らくご」初体験の友人がいるので感想が楽しみだ。 席はG列19番、かつ本多劇場なので非常に見やすい席だ。 前半部分は例のパネルが変わったせいか、昨年と少し雰囲気が 違い分かりやすくなったように…

文春落語 柳家喬太郎 × 坂本頼光(活動写真弁士)

今回の文春落語は「柳家喬太郎×坂本頼光(活動写真弁士)」これは凄い! すぐに配信チケットを購入した。 坂本頼光(活動写真家)を初めて知ったのは、神田伯山のYouTube 「神田伯山ティービー」でのこと。 新宿末廣亭での「六代目神田伯山 真打昇進披露興行…

柳家喬太郎のイレブン寄席(SWA-1)

「おっと天下の日大事!」の興奮が冷めやらぬ日曜日。 2018年に番組が終了した「柳家喬太郎イレブン寄席」が なぜか一日だけ復活放送されるという。その上、新作落語の特集で ゲストが三遊亭白鳥、林家彦いち・・・と豪華! なるほど7/26-28までSWA(創作話…

第五回 オール日芸寄席 おっと天下の日大事!

有楽町よみうりホールで 「オール日芸寄席 おっと天下の日大事」を観に行く。 ゲストは、宮藤官九郎、爆笑問題田中ときて、今回は 「裏口入学問題」の裁判が決着した爆笑問題太田光。 いよいよラスボスの登場だ。 (演目) ・柳家喬太郎「ウルトラのつる」 …