誕生日の運転免許更新

3年ぶりにやってきました府中の試験場。

正式には「警視庁運転免許本部 府中運転免許試験場」

はじめて誕生日に運転免許を更新する。

高齢者事故、煽り運転と交通事故のニュースが続く中、

誠に恥ずかしいのだが、いつも更新は府中まで来ている。

違反がなければ、最寄りの警察署での30分講習でいいのだが、

不徳の致すところである・・・反省。

たっぷり2時間の講習を受ける。

 

f:id:Makotsu:20190821142200j:plain

 

前回の講習は3年前だが、今回は内容が大きく変わっていた。

変化の内容は時代の趨勢を如実に反映したものだった。

高速道路での自動運転レベル3実現。高齢者運転による死亡事故。

高齢者の免許返納方法。臓器提供意思表示について。

ニュースで見聞きするキーワードが俄然リアリティを帯びる。

さらに認知症検査に並ぶ高齢免許更新者の人数の多いこと多いこと・・・

すべて現実なんだな・・・と実感。

 

f:id:Makotsu:20190821142318j:plain

・・・うーむ。困ったもんだ・・・

などと呑気に情勢分析している場合ではない。

まずは自分が安全運転をしなくては!

次回こそはゴールド免許を取得し、高尾警察署での更新を目指すぞ!

(毎回、そう決意して門前を後にするのだが・・・)

こんどは本気(マジ)ですよ。