上野発の夜行列車・・・ 名列車

大学時代に夜行列車によく乗った。

乗ったのは夜行急行、夜行普通列車

いわゆる寝台車のブルートレインではない。

別に鉄っちゃんではなかったし、座席ではろくに眠れない。

決して楽な移動手段ではなかったが、運賃が安かった。

(今の高速バスのよう感覚か・・・)


上野発の夜行列車・名列車 (キャンブックス)

上野発の夜行列車・名列車 (キャンブックス)


よく行ったのは北海道。

中学時代の同級生が小樽商科大学に通っていて

夏休み、冬休みに小樽を尋ねた。学生時代だけでも5回程行った。

いつも乗ったのは急行「八甲田」。

上野を19:00に出て青森に6:15に着く。

そして青函連絡船に乗りお昼に函館に着いた。

函館で半日ブラブラして、函館発札幌行きの夜行普通列車に乗り

二日目の朝に小樽に着いた。車中2連泊、約48時間の道中だった。


現在なら飛行機2時間、電車1時間の移動方法を選ぶ。

金はないが、体力と時間があり余っていた時期だった。

宮沢賢治銀河鉄道の夜」の影響だろうか、

上野から北へ向かう夜行列車は、旅情と浪漫に溢れていた・・・


当時お世話になった上野発の夜行列車は、

すべて消えてしまったそうだ。

JTBパブリッシングから「上野発の夜行列車」の本が出た。

昔を懐かしんで、今読んでいる。