ビデオキャプチャーか・・・

押入れの中にVHSテープが80本ほど眠っている。

前は300本ぐらいあったので、これでもかなり断捨離した方だ。

今残っているのはマイコレクションの中でも厳選した80本だ

f:id:Makotsu:20190827195550j:plain

さてこのVHSをどうするか? 

正直、のんびりない見ている時間はないし、ストックする場所もない。

(「みうらじゅん」や「やくみつる」なら全部ストックするのだろうが)

結局、断捨離するしかないのだが・・・

 

VHSの内容はテレビ番組の録画が大部分で、芝居とバラエティ番組。

芝居は1980年代、90年代前半(DVD普及前)のもので、NHK芸術劇場の

録画が多い。「夢の遊民社」「唐十郎」「オンシアター自由劇場

蜷川幸雄」「井上ひさし」や小劇場系の舞台が中心。

バラエティ番組では、バブル期の深夜番組(実験的番組)が中心で

カノッサの屈辱」「やっぱり猫が好き」「今夜は最高!」など。

ほとんどがDVD化されていないので、

バブル期のカルチャー史的に貴重なアーカイブなのだが・・・

VHSデータをパソコンに取り込む(データ化)ための

ビデオキャプチャなるものがあり、データ化して保存する方法がある。

(もちろん個人のみで楽しむために)

八王子のビックカメラビデオキャプチャーを購入し、テスト的にやってみた。

データ化には等倍で再生する必要があり、編集も行うと非常に手間と時間がかかる・・・

いくら時間があるとはいえ、これは厳しいな。

さて、どうするか・・・

 

アーカイブの一端)

f:id:Makotsu:20190827195707j:plain

f:id:Makotsu:20190827195720j:plain

 

「つか版忠臣蔵」(1982年 テレビ東京)もあります。

youtu.be