Makotsu Garage

本と映像と音楽の記録(ガレージ)

地下の床屋(理髪室)の話

うちの会社の地下には床屋(理髪室)がある。

いや、あった・・・今は営業していない。

おそらく昭和43年に本社ビルが出来たときからあるのだろう。

昔、先輩に「なんで床屋があるんですか?」 と聞いたことがある。



「本社ビルが建つ前、ここは密集した住宅街だった。 

 その街の土地を買い集めて敷地を確保する時に、立ち退き応じない床屋さんがあった。

 ”俺はここで床屋がやりたいんだ!金をいくら積まれたってダメだ”と言って聞かない。

 そこで本社ビルの地下で床屋を営業するという解決案が生まれ、床屋さんはH町に残った」


と言ってもお客さんは社員、来客(出版社、書店ほか)のみで

とても生計が立てられる状況ではないが、床屋は営業を続けていた。



入社直後、たまに床屋の前を通ると、

お客さんと世間話をしながら髪を切っていたり、将棋をさしていたり。

そこだけは”下町の長屋”だった。


お客さんには経営陣や職制が多かった。私の最初の上司S係長も常連だった。

ふっと姿が見えなくなると、髪の毛をサッパリして帰ってきた。

今思えば、いい時代だった。


出版業界は黙っていても二桁の伸長を続けていた。

営業の職制の能力にマネジメントは必要なく、いざという時に

売行良好書をどれだけ(力づくで)確保できるかが能力だった。



残念ながら我々の世代は、いい時代を享受していない。

商品の供給が市場の需要を越え、返品が問題視され始めた。

取次業にとって返品は利益を蝕むものだ! と

営業にも返品率、返品量という予算が割り当てられた。

さらにマーケットのシュリンクが追い打ちをかける。

売上予算、返品予算、施策進捗、タイムマネジメント・・・


仕事中に床屋に行く余裕は無くなった。



ある日、S係長がいつもの通り髪の毛サッパリさせて席に戻ると

Y課長に大目玉を喰らった。 時代は変わっていた。


出版界の栄枯盛衰を見てきた床屋(理髪室)は、

いつのまにか、人知れず営業を辞めていた。


この物語はフィクションであり、

登場する会社・人物などの名称はすべて架空のものです。